損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

防災

グーグルのパーソナルファインダーと災害情報マップをスマホで活用!

投稿日:


SNSやツイッターなどの登場で、より速く、より多くの情報が手に入るようになった現在。
ネット上の情報が膨大になる一方で、情報の選び方も、難しく複雑に。

でも、災害時に、ネット上で迷子になっている時間はありません。
そんな中、誰もが使いやすい災害情報サービスを提供してくれるのが、「グーグル」です。

グーグルは、災害時に必要な情報を整理してアクセスできるようにする「クライシスレスポンス」という取り組みを行っています。ここでは、このグーグルが提供してくれる、災害時に役立つサービスが何なのかを詳しくご説明していきます。
  



グーグルのパーソナルファインダーってなに?

グーグルが災害時に提供してくれるサービス「パーソナルファインダー」とは、
安否情報を検索・登録できるというものです。

例えば、地震などの災害時、被災地の県庁や警察庁、避難所に貼りだされた避難者名簿や、
携帯電話各社の「災害伝言板」、NHKや各報道機関が取得していた安否情報など、
バラバラな情報を集めて、パーソナルファインダーに整理、検索できるようにしていきます。

こういった災害時のサービスは、実際に災害を経験する中で、
リアルタイムに、絶えずバージョンアップされていきます。

そして、パーソナルファインダーは平常時にも触れることができるようにしてくれています。
これは、緊急時だけでなく、平常時から使い慣れてもらうという思いからだそうです。

大変ありがたいですよね。心強い「引き出し」も、在り処を知らなければ、
いざという時に使えません。信頼でき、使いやすい情報提供サービスを、
災害時の情報の窓口にしておく。そんな対策も、防災の一つです。

グーグルが提供してくれる災害情報マップとは?

「災害情報マップ」とは、ネット上の地図「グーグルマップ」に災害関連情報をレイヤーとして重ね、見たい情報だけを画面上に表示できるものです。
災害時は、道路の通行実績情報や現地からの情報がある場合には、給水・給油・炊き出しポイントから、使えるトイレ・スーパーなど、きめ細かな情報が更新されます。




「災害情報マップ」で確認できること

・地震・津波情報
・気象情報、気象警報・注意報
・台風経路図
・雨雲レーダー
・避難所情報
・公衆電話・災害時用公衆電話(東日本のみ)
・交通情報

以下は状況に応じて
・避難所
・スーパー営業情報
・炊き出し&支援物資集積地点
・給油可能なガソリンスタンド
・給水所
・営業中の銭湯・温泉
・トイレ
・上空からの写真による地図表示

災害時のスマホの設定をご紹介!


グーグのサービスはネット環境が不可欠です。
そこで、おすすめの、スマホの災害時の設定をご紹介します。

・普段・・・低電力モード
画面表示やメールの問い合わせ回数などを調整し、電池を節約します。

・使わない時・・・機内モード
端末は常に基地局と通信しています(だから電波が弱い場所だと電池の減りが早くなる)。機内モードはこの通信も切る設定。ただ機内モードのオンオフを頻繁に行うと、かえって電池が減ります。

・通話・・・パケット通信での通話アプリ
「Facetimeオーディオ」「LINE」など。電話回線を使わないので、電話の通信規制が心配される時に便利です。

・夜・・・画面の明るさを落としす
避難所などで周囲の迷惑にならず、バッテリー駆動時間も長持ちします。

※充電に裏技!
停電で、さらにモバイルバッテリーもない時、ノートパソコンなどUSBポートがある機器なら、USBコードで接続すればスマホを充電できます。

まとめ

「クライシスレスポンスサイトでできること」

【パーソナルファインダー(安否情報)】
災害発生時に運用開始されます。多言語対応。災害の収束に伴い安否情報も削除されます。平常時も体験版として使えます(情報は24時間で削除)。

・人を探す
人の名前、名前の一部、携帯電話の番号を入力して、登録された安否情報を検索できます。

・安否情報を提供する
自分または他人の安否情報を登録できます。

【防災マップ】
東京都の情報に基づく防災マップ。首都直下地震時に心強い。

【災害情報マップ】
知りたい情報のレイヤーを選べば、エリアや地点が地図上に表示されます。



-防災
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震による電気火災の原因とは?二次災害対策は感震ブレーカーで回避

阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震で地震の恐怖を身をもって知った人は多いはず。 地震が発生した時、被害を最小限に抑えるには、知恵と工夫が必要です。 日頃から、地震への心構えと対策を学んでおきまし …

地震時ガスを止めるは間違い!メーターの復帰方法とカセットコンロの必要性

料理中に地震が起きた時、まずはガスを消す。あなたはそう考えたことはありませんか? 実はそれ、間違いです。今、ガスは自動で止まるんです! 地震が起きた時、あなたがまずとるべき行動、それはあなた自身の身の …

地震で電話が繋がらない!お年寄りはどうする?LINE、災害時音声、公衆電話の使用法

地震が起きた時、高齢者の場合、 どのように離れた家族と連絡を取ればいいのか? 把握出来ている人は意外にいません。 いざ、地震が起こってからでは遅いので、 普段から対策をしていくことが重要です。 最近は …

液状化のメカニズム!揺れやすさをマップでリスクを知ろう!

いつもの生活と同様に、 地震が起き時に必要になるものは人それぞれ異なります。 テレビや雑誌で紹介されている情報は万人共通の、 あくまで必要最低限のものです。 自分の住む地域、普段の暮らしを考えた時、 …

地震に備えて家の建て替え必要?耐震補強をしないと倒壊するのか?

今や、倒壊危険家屋は1000万戸以上あると言われている日本。 あなたの自宅は本当に大丈夫でしょうか? 多くの人の場合、最も滞在時間が長いのが自宅なのではないでしょうか? 建て替えは必要なのか? だとす …