損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

防災

地震でエレベーターの中に閉じ込められた!揺れで止まるの?トイレは?

投稿日:2019年7月14日 更新日:


自分が住んでいる建物や、初めて訪れた街でも、
百貨店やさまざまなビルなどでエレベーターに乗ることは誰でもあることでしょう。

そんな時、大きな地震が起きてエレベーター内に閉じ込められたらあなたはどうしますか?

事前に備えることは難しいかもしれませんが、
出来ること、出来ないことを事前に把握できていることは、
いざその時に冷静に対処出来るものです。

ここでは地震時のエレベーター内での対処法をご紹介していきます。
  



地震が起きた時、エレベーター内に閉じ込められたらどうする?

最近のエレベーターは閉じ込められることがないように、
地震時管制運転装置によってエレベーターが自動で一番近い階まで進み停止し、
扉が開き降りられるようになっています。

古いエレベーター、2009年以前に設置されたエレベーターの場合は、
全ての階のボタンを押すことによって、閉じ込められなくて済みます。

もし、エレベーター内に閉じ込められたら、
非常ボタンを押し、管理会社に連絡をしましょう。

エレベーターのボタンを押すところあたりに、
管理会社の電話番号が記してあるはずですので、携帯電話で連絡するのも方法の一つです。

地震でエレベーターが止まるのはどれぐらいの揺れの時?

ほとんどのエレベーターは震度4以上の揺れで自動停止しますが、
震災時はエレベーター内に閉じ込められる確率があります。

繰り返しになりますが、
エレベーターの中で強い揺れを感じたら全ての階のボタンを押します。




それでどこかの階に止まればいいのですが、もし、閉じ込められ、
エレベーターが階と階の間で停止した場合、
落下防止のため、扉を開けることは出来ません。

ロックがかかっているからです。手動であけることは出来ません。
速やかに非常ボタンを押し管理会社と連絡をとることが大切です。

震災などの大規模な被害の場合、対応が間に合わなくつながらない恐れがあります。
携帯からも警察や消防に通報をするようにしましょう。

地震でエレベーターに閉じ込められたらトイレはどうする?

最近になってエレベーター内に、ボックスが備えられることが多くなってきています。
これは「備蓄ボックス」といってエレベーターの角隅にあるのを見たことありませんか?

このボックスにはもしもエレベーター内に閉じ込められることがあった場合、
必要になる物が入っています。例えば中には携帯トイレ、トイレットペーパー、
除菌ティシュ、飲料、消臭スプレーなどが入っています。

しかし、中にはエレベーター内で、
トイレを済ませられる訳がないだろうと思われるかもしれませんが、

いざ、エレベーター内でトイレを済ませる人が現れたら、
中にいる他の人達はどうなるでしょうか?想像に難しくないと思います。

まとめ

いかがでしたか? 
日本のエレベーター安全の基準が高いと実感できたのではないでしょうか?

まとめると、
・揺れを感じたら、階のボタンを全て押す
・万が一閉じ込められても、慌てず非常ボタンを押し、インターホンで連絡をとる
・スマホを持っていれば警察や消防などにも助けを求める
・閉じ込められても、まずは注意深く四隅を確認し、ボックスがあれば、積極利用

ここで紹介した知識をいざという時に実践して少しでも早く安全を確保してください。



-防災
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震による電気火災の原因とは?二次災害対策は感震ブレーカーで回避

阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震で地震の恐怖を身をもって知った人は多いはず。 地震が発生した時、被害を最小限に抑えるには、知恵と工夫が必要です。 日頃から、地震への心構えと対策を学んでおきまし …

地震に備えた防災対策で家のドアが変形で開かない場合の対処法

「地震が起きたら避難所へ」とはよく聞く言葉ですが、 収容避難所は利用せざるを得ない人が優先されます。 避難所へ入れた人は、阪神淡路大震災で最も多く収容した時でさえ、 住民の16%といわれています。 出 …

津波の速度はジェット機並!水深と被害が大きい時の関係とは?

この25年間に、私達は、 「阪神・淡路大震災」「新潟県中越沖地震」「東日本大震災」「熊本地震」など、 何度も大地震を経験しました。 そしてこれからも「首都直下地震」「南海トラフ地震」など同レベルか、 …

地震に備えて家の建て替え必要?耐震補強をしないと倒壊するのか?

今や、倒壊危険家屋は1000万戸以上あると言われている日本。 あなたの自宅は本当に大丈夫でしょうか? 多くの人の場合、最も滞在時間が長いのが自宅なのではないでしょうか? 建て替えは必要なのか? だとす …

地震時に子供や高齢者やペットと避難する安全な方法をご紹介!

地震などの災害が発生した直後、発災の時に初めにどんな対応をとるか、 行動するまでのスピードでその後の被害の大きさが変わってきます。 子供と一緒だったら、高齢者と一緒だったら、もしくはペットと一緒だった …