損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

日本文化

正月事始めの煤払いと松迎って何?歳の市と羽子板市はどんな所?

投稿日:


冬至を過ぎたら、そろそろお正月の準備の開始です!
大掃除で家の中を綺麗にし、お正月飾りやおせちの準備をします。

毎日慌ただしく動き回りながら1年の出来事を振り返ったり、
来年の抱負を考えてみたり・・・、いろいろな思いが入り混じります。
街を歩いていても、この時期特有の空気感があって、
なんだかソワソワ、ワクワクしてしまします。

今回は、来年に向けての年末の準備で、煤払いと松迎えとは何なのかや、
歳の市羽子板市という所で揃えられる正月を迎えるためのアイテムについてご紹介します。

  



正月事始めの煤払いと松迎えとは?

あなたは、もう大掃除をしましたか?
12月13日は「正月事始め」といって、正月をむかえるための準備を始める日です。

昔は、この日に煤払い(すすはらい)が行なわれていました。
煤払いというのは、新しい年にやってくる年神様を迎えるために、
家の中や外をきれいに掃除して、清める行事です。

今では、13日にこだわらず、年末に「大掃除」をするようになりました。
あなたの家でも、年末に掃除をして、ピカピカの家で正月を迎えるのではないでしょうか?

神社やお寺では、今でも12月13日に煤払いをして、一年間のホコリをはらっています。
ところで、どうして12月13日が煤払いをする日になったのでしょう?

昔、今の皇居があるところに建っていた江戸城では、12月13日に煤払いを行っていました。これが町の人にも広まって、一般の家でもこの日に煤払いをするようになったのです。

そして、正月事始めで忘れてはならないのが、松迎えです。
正月の門松などに飾る松を山から切ってくることを「松迎え」といい、
12月13日に行います。門松は正月に家に迎える年神様への目印とされました。

門松をたてる日は、29日は、「苦松」、31日は「一夜松」「一夜飾り」といって避けます。また、しめ飾りや鏡餅などを飾る日も、29日や31日は避けられました。

今では門松のための松を山から切ってくることも少なくなり、
また、松迎えを行うところでも20日以降に行うところが多くなりました。

歳の市と羽子板市で正月の準備をしよう!

年末になると、新しい年を迎える準備で、とても慌ただしくなります。
また、正月飾りや、おせち料理の材料など、
正月にむけて用意しなければいけないものもたくさんあります。
そんな正月用品が売っているのが「歳の市」です。




新年を迎えるために必要なものがずらりと並ぶ歳の市。
お正月飾りや羽子板、おせち用の生鮮食品や乾物などを売る露店が並び、
あちこちで威勢のいい値切りのやり取りが聞こえてきます。

キッチン物を新調することがお清めになると考えられているからです。歳の市は時間帯によって、びっくりするほど安売りをしているので、是非、利用したいところです。
活気に溢れる雰囲気を味わうだけでも楽しい、歳の風物詩です。

そして、年末に、各地で羽子板を売る市がたちます。

はねつき用の羽子板ではなく、はじめての正月を迎える女の子のいる家への贈り物とされています。羽子板でつく羽子が害虫を食べるトンボに似ていることから、
悪い虫、災いや病気を追い払うとされました。また、羽子板は正月の飾りにもなっています。

東京都台東区浅草の浅草寺の境内に、12月17日〜19日にたつ羽子板市が有名です。
50軒ほどの羽子板の店が並び、羽子板を買い求める大勢の人で賑わいます。

まとめ

あなたも、自分の部屋を掃除したり、友達に年賀状を書いたりと、
きっちり準備をして、新しい年を迎えましょう。

後で慌てないように、正月事始めから大晦日まで、
予定を立てて準備ができるといいですね。



-日本文化
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

午の日とは、いなり寿司を食べる日?お稲荷さんとの関係の意味は?

「午の日」って聞いたことありますか? 「うまのひ」と読みますが、なぜ「馬」という字を使わないのでしょう? いなり寿司を食べる習慣があるとか、稲荷神社との関係など, 結局「午の日」って何?と馴染みのない …

針供養の由来とは?どんな意味で有名な神社やお寺で行う所はどこ?

私が小学生の時は、授業でお裁縫を学び、どの家にも一つはお裁縫箱に入ったお裁縫の道具一式があった時代でした。最近では、男性のみならず、女性までもが縫いものをした経験がない人が増えてきているようです。 昔 …

七五三は何歳でやるの?子供の成長を願う行事や習わしを複数紹介

七五三は11月15日に行われる、子供の成長を祝う行事です。 昔は、幼い子供が病気などで命をおとすことが多かったので、 子供の無事な成長を神様に祈りました。 このように、昔から、子供は大事に育てられまし …

重陽の節句の由来とは?秋の実りに感謝する祭りと、菊で長寿を願う

あなたは、お気づきでしょうか?1桁奇数月のゾロ目となる日は何かしら大きな行事があるということに。1月1日はお正月、3月3日はひな祭り、5月5日はこどもの日、7月7日は七夕、9月9日は・・・さて、何の日 …

お歳暮は年末の贈り物!塩魚の由来と、お中元の違いとは?

贈り物というと、まずお中元やお歳暮が思い浮かびます。今ではなかば形式化した習慣になっていますが、そもそもこれら贈答の習慣も、日本特有の信仰心に端を発しています。 今回は、深い思いが込められた贈答品につ …