損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

行事

お年玉を親戚にあげるときの相場は?何歳〜何歳までで範囲はどれくらい?

投稿日:


お年玉を親戚にあげる時に、『この時期の子供はどれくらいが相場なんだろう・・・?』と考えてしまう方は多いと思います。そして、何歳〜何歳まであげるべきで、親戚といっても範囲はどれくらいだろうとか。しかも「誰がいくらあげたか」という情報は子供の親にも共有されるため、下手に少ない金額を入れるわけにもいきませんよね。渡す相手の年頃にもよると思いますし、あなた自身とどれくらい近いかによっても大きく変わってくるでしょう。
そこで今回は、お年玉の年齢別の相場、そして、どこまでの範囲の方までにお年玉をあげるのかについてご紹介したいと思います。
  



お年玉を親戚にあげるときの相場はどれくらい?

お年玉を親戚の子にあげる時でも基本的には、あくまでも「気持ち」なので、
他の人はどうとかではなく、あなた次第です。

それでも気になる場合には、親戚同士で事前に話し合って金額を決めておけば、お互いに楽になると思います。しかし、そうもいかない場合もあるかと思いますので次の相場を参考にしてみてください。

幼稚園:あげない〜お菓子〜千円 または組み合わせる
小学低学年:お菓子〜2千円前後 または組み合わせる
小学高学年:2千円〜3千円
中学生:3千円〜5千円
高校生:5千〜1千円

注意点としては、金額に4がつく金額、例えば400円とか、
4千円とかは避けるべきです。縁起が悪いとされるためです。

また、高額な金額を渡すのもやはりマナー違反になるので注意しましょう。
お年玉は三が日に渡せるといいですね。遅くても1月7日までには渡すのが一般的です。

お年玉を親戚にあげるのは何歳から何歳までが普通なの?

お年玉を親戚の子に渡すのは何歳から何歳まで渡せばいいのか?
これは線引が難しいところですが、親戚の子が多い方なんかは毎年工面するのが大変でしょうから、気になるところだと思います。




そもそも、お年玉の紀元をご存知でしょうか?
簡単にご紹介すると、昔は、お正月になると年を一つ加える「数え年」というしきたりがありました。そして、歳神さまにお餅をおそなえして、新しい1年を元気に過ごせるようにお祈りしたのです。

お供えをした後に、お餅を皆で、分け合って食べたのが、「お年玉」の始まりとされています。では、お年玉の対象年齢は一体何歳から何歳までなのでしょうか?

お年玉の紀元や意味合いから考えると、
具体的に何歳からという定義が決まっている訳ではないということです。
一般的には幼稚園から高校生までのようです。

お年玉を親戚にあげる範囲はどれくらいまで?


お年玉を誰まであげるかという範囲は、明確な決まりはありません。
決める基準として相手との関係性や親密度を考慮するのがいいでしょう。

例えば親戚の方でなくても、近所や仲のいい友達の子、
家族ぐるみの付き合いがある場合であれば、お年玉をあげたいと思うものです。

逆に親戚の子であったとしても、疎遠であればあ渡さない場合もあると思います。
お年玉の金額と同様、あくまでも「気持ち」なので、
他の人はどうとかではなく、あなた次第です。

私の場合は、近所付き合いが深いので、お正月の挨拶をする時、
親戚でもなんでもない顔なじみの近所の子供たち全員にお年玉をあげていましたよ。

注意点としては、お年玉は目上の人が下の人に渡すのがマナーとされています。
ですから、例えば目上の方の子供にお年玉を渡すのは失礼に値します。

まとめ

いかがだったでしょうか?『こうでなくてはならない』という決まりは無いということが分かったと思います。お年玉を渡すのが子供でも、絶対親の方がいくらもらったのかを確認するものですから、おかしな金額を渡して恥をかいた・・・なんて事態はさけたいですよね。ここまで読んでくれたあなたであれば、ご自分で相手に合ったお年玉を渡せるはずです。



-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

春分の日をまたぐお彼岸の期間は?お墓参りとおはぎを食べる意味とは?

「春分の日」は国民の祝日です。休みなので嬉しくなっちゃいますが、祝日って意外と具体的にどんな日なのか、何をするための日なのかは知られていなかったります。 また、春分の日というと、お彼岸をイメージする人 …

小正月に小豆粥を食べるのはなぜ?どんどん焼きを行う意味と由来とは?

「小正月」という日が1月15日にあります。 この日は一体どんな行事がある日なのでしょうか? 今回はこの「小正月」についてご紹介していきます。 関連

敬老の日のプレゼントはやっぱり手作りがいい?おすすめをご紹介

暑さもだいぶ和らいできた9月の下旬の特別なイベント、敬老の日。おじいちゃんとおばあちゃんに感謝の気持ちを伝えに行く方も多いのではないでしょうか。 ところで敬老の日って何をプレゼントしていいのか毎回悩み …

父の日のプレゼントのおすすめは手作りで!お父さんに感謝の気持ちを伝えよう!

「母の日」にくらべて、ないがしろにされがちな「父の日」。 シャイなお父さんのリアクションの薄さにやりがいを感じない、 などいくつか理由があるようですが、やはり感謝の気持ちが第一。 今回は、お子さんが「 …

十日えびすといえば西宮神社!えびす様の総本社で商売繁盛を願う!

1月10日は、七福神の一員でもある恵比寿様が商売繁盛の神徳を振りまく日です。 西日本各地の恵比寿様を祭神とする神社では、「十日えびす」という祭礼を行います。 今回は「十日えびす」と西宮神社についてのお …