損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

日本文化

針供養の由来とは?どんな意味で有名な神社やお寺で行う所はどこ?

投稿日:


私が小学生の時は、授業でお裁縫を学び、どの家にも一つはお裁縫箱に入ったお裁縫の道具一式があった時代でした。最近では、男性のみならず、女性までもが縫いものをした経験がない人が増えてきているようです。

昔は、自分の着る着物は自分で布を縫って作り、破れた時には、つぎをあてたりして使っていたので、針は大切な道具でした。

今回は、昔から続く針供養という伝統の行事についてご紹介していきます。
  



針供養の由来とは?意味を詳しくご紹介

針供養とは、おれたり、さびたりした縫い針を豆腐やこんにゃく、もちなど、柔らかいものに刺し、縫い針として一生懸命働いてくれたことに感謝して供養するとともに、針仕事がうまくなるように祈って、一日休みをとる日です。

おもに東日本では、2月8日に行われます。なぜかというと、2月8日は農作業をはじめる日で、12月8日は農作業を終えて正月の準備に取り掛かる日だったからと言われています。

これらの日のことを「事八日」「八日節供」「八日待」「八日ぞう」などと言って、餅やだんごをヒイラギの小枝やニンニクの茎につけて、家の門に立てるところもあります。

また、「一つ目、一本足」の怪物が来るとも言われ、目の多いザルやカゴを家の中に吊るして仕事を休んだといいます。裁縫の針が「1つ目、一本足」なので、この日は針を使わないとも言います。

西日本では、12月8日に、冬の強い風で荒れた日本海などで、ハリセンボンという魚が打ち上げられるため、針仕事を休んだとも伝えられています。

針供養を行う有名な神社やお寺は?

一年お世話になった古い針や、折れた針を神社やお寺におさめて供養しますが、その仕方が一風変わっていて、役目を終えた針を、神社やお寺で用意してある豆腐やこんにゃくに刺して拝みます。これは、硬いものばかり刺して疲れた針を、豆腐などのやわらかいものに刺して休ませ、供養する意味があるのだそうです。




その昔、針仕事は女性に欠かせない作業でした。針供養の風習からは、道具に感謝をし、大切に使っていたことが伝わってきます。安く買って使い捨てることが多い現代の暮らしですが、少し高くても良い物を長く大切に使っていきたいですね。

・針供養を行う有名な神社とお寺

・浅草寺(東京、浅草)
・正受院(東京、新宿)
・法輪寺(京都市)
・大平寺(大阪市)
・荏柄天神社(鎌倉市)
・若宮八幡社(名古屋市)

針の保管と使用に関するプチアイデア!


針は無くすと大変危険です。また、通しにくかったりして下手に力んで作業するのも良くないですよね。そこで針を使った作業を安全に行うために、針に関するぷちアイデアをご紹介致します。

・裁縫箱の中や作業中によく迷子になりがちな針。マグネットにくっつけて保管すればなくす心配いらなくなります。
・針は滑りが悪くなると、布に通しにくくなる。そんな時は、乾燥しきった固形の石けんをこすりつけると滑らかさが復活します。

是非、効果的なので試してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
もともと節分のような、わるい病気や災いを追い払う節目の日の行事だったのが、働いてくれた針や道具をいたわる、日本人特有のやさしい行事になったことが、とても素晴らしいと思いませんか?

-日本文化
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鏡開きの由来を子供向けに説明!いつ食べる?やり方で鏡餅を割る方法は?

鏡餅を使った鏡開きという行事、これは古来から続く日本の伝統行事です。 最近はやったことがない人、やらない人が増えていると聞きます。 鏡餅は近くのコンビニやスーパーで買うことができ、 手軽に行うことが出 …

文化の日の由来を子供に説明するには?勲章と何をする日かを説明

11月3日は「文化の日」です。この日は何のために作れた日か知っていますか? 日本と外国との文化の違いは挙げたらきりがありませんが、 実際にはどういった違いがあるのか説明するのは難しいですよね? 日本の …

午の日とは、いなり寿司を食べる日?お稲荷さんとの関係の意味は?

「午の日」って聞いたことありますか? 「うまのひ」と読みますが、なぜ「馬」という字を使わないのでしょう? いなり寿司を食べる習慣があるとか、稲荷神社との関係など, 結局「午の日」って何?と馴染みのない …

節分の豆まきの豆知識!なぜ鬼なのか?恵方巻きを食べる時の方向とは?

春、夏、秋、冬と移り変わっていく日本の季節の始まりの日を、 それぞれ立春、立夏、立秋、立冬とよんでいます。 そして、その前の日を、「季節が変わる節目」という意味で節分といいます。 ですから、節分は年に …

ひな祭りを子供に分かりやすく伝えるには?教えるコツと料理をご紹介!

あなたは、ひな祭りをどのように親から教わりましたか? 最近ではひな祭りという行事を知っていても、 実際に体験したことがない家庭が増えていると聞きます。 ひな祭りは次世代に受け継いでいきたい大切な日本の …