損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

春一番は立春から春分の間?二番はあるの?呼び名と使い始めはいつ頃?

投稿日:


「春一番」は誰もが知る言葉ですが、いつ吹くどんな風で、吹いたことによってどうなるのかを知る人は意外と少ないです。春一番が吹く日は暖かくなることがほとんどですが、次の日はたいがい寒くなることをご存知でしょうか?

今回は春一番について詳しくご説明していきます。
  



春一番は立春から春分の間に温かい南から吹く最初の強い風!

2月の終わり頃のことを「雨水(うすい)」といいます。
だんだんと暖かくなって、雪が雨に変わっていくことから、このように呼ばれます。

まだまだ寒い日が多い時期ですが、梅の花が咲いたり、
鶯(うぐいす)が泣き始めてくると、少しずつ春らしい陽気になってきます。

この冬から春へと変化するころに、「春一番」という風が吹くことがあります。
カレンダーを確認してみると、2月3日か2月4日のところに、「立春」と記してあると思います。

立春とは、春の始まりを意味する日のことです。
また、3月20日頃には、「春分」と記してある日があると思います。
春分は、昼と夜の長さが等しくなる日のことです。

この日から夏に向けて昼の時間が長くなっていきます。
「立春」と「春分」の間に、温かい南から吹く最初の強い風が「春一番」です。

春一番意外にも春二番とか春三番が吹く年もあるって本当?

春一番はもともとは漁師達が使っていた言葉でしたが、
海が荒れるだけでなく、雪崩を起こしたり、川の水をあふれさせたり、
フェーン現象などの災害の原因となるので、天気予報などで使われるようになりました。




春一番が吹く日は暖かく、春が近づいてきたと感じられます。
しかし、次の日は寒くなることが多いです。

こうやって、寒い日と温かい日を繰り返しながら、次第に春らしくなっていきます。
春一番は「春を告げる風」や「春はやて」などともいわれます。

ただし、春一番は必ず吹くわけではありません。
吹かない年もあります。逆に年によって春二番、春三番もあります。

春一番の呼び名の使い始めはいつ頃から?


いつから、春に最初に吹く風を春一番と呼ぶようになったのでしょうか?

それには、いくつかの説があるようです。例えば、1859年3月、今の長崎県で、
53人の漁師が強い風に見舞われて、遭難してしまったそうです。

その事故から、この地域では、春の初めの強い南風を春一番と名付け「気をつけよう」と呼びかけあったそうです。春一番は、災害に気をつけようという注意喚起説です。

このような理由から、今でも天気予報で伝えられているということです。ちなみに昔は、春は「東風(こち)」という、東からの風に乗ってやってくると考えられていたそうです。

まとめ

「春一番」は、下記事項を含む、総合的な判断によるものです。

1 立春から春分までの間に吹く風で、

2 日本海に低気圧が存在し、(発達が理想)

3 強い南よりの風が吹いて、昇温した場合

「春一番」が吹いても吹かなくても、すでに春本番の気温となっており、これから気温上昇してくる時期ですが、春本番の気温と言っても、朝晩は気温が下がって寒くなります。気温自体は冬の寒さに比べれば暖かいですが、寒暖差が大きいので、 体調管理には、冬の寒さ以上に注意が必要です。



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

5月の旬のお魚とお野菜をご紹介!この時期はあのお魚がやってくる!

5月は大地の力強さや、美しさを強く感じる月です。 緑の若葉が太陽の光を受けて輝くこの時期になると、 海の魚も海岸に近づいて餌を食べたり、卵を生んだりします。 そんな海の魚の中で、とくに旬いとえる魚をご …

蛍はどうして光るの?種類はどれくらいあって見頃な場所と時間帯は?

夏の夜、飛び交う蛍のほのかな光・・・これぞ夏の風物詩! でも実際に蛍を見たことが無いという人も多いかも知れません。 ここ数十年で蛍が住みやすい環境は失われ、 都会ではほとんど見ることができなくなってし …

小寒の意味と寒の入りとは?挨拶の方法と寒中見舞いの書き方をご紹介!

日本の伝統文化には日本ならではの「季節の挨拶」があります。 しかし、最近は使い方がよく分からないといった理由で敬遠してしまう人が多いようです。 そこで、今回はいくつかある季節の挨拶の内、小寒、つまり「 …

虹は太陽の反対側に出来る!光を利用した虹の作り方をご紹介

虹は雨上がりなどに現れる光の帯です。 日本では、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫が虹の色とされています。 夏は夕立が多いので、雨上がりなどに、大きな虹を見ることが出来ますが、 噴水、水まきなどでも、小さな虹 …

しもやけがかゆいのはなぜ?防ぐ方法は?こどもはなりやすいって本当?

あなたは、しもやけになったことはありますか?痒いし、痛いし最悪です。 しもやけのメカニズムって知ってますか?理解し対策すると意外と簡単に予防できるんです。 スキーやスノボ、雪遊びの時にしもやけに悩まさ …