損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

小寒の意味と寒の入りとは?挨拶の方法と寒中見舞いの書き方をご紹介!

投稿日:


日本の伝統文化には日本ならではの「季節の挨拶」があります。
しかし、最近は使い方がよく分からないといった理由で敬遠してしまう人が多いようです。

そこで、今回はいくつかある季節の挨拶の内、小寒、つまり「寒の入り」の時期の挨拶、
寒中見舞いの書き方についてご紹介していきます。
  



小寒の意味は?寒の入りとはどういう関係?

冬至の後、15日たった頃の寒さが増してくる季節を「小寒」といい、
小寒になることを「寒の入り」といいます。

小寒の15日後には「大寒」が続きます。
この頃は、最も寒さが厳しいので、風邪や手足の荒れなどに注意しましょう。

「小寒」と「大寒」はみて分かるとおり、
「小寒」になると「寒の入り」と言い、寒さが厳しくなり始め、
「大寒」には寒さがピークになる流れでとても分かりやすい季語です。

寒の入りの挨拶は相手を気遣う言葉で!

近頃は夏の暑中見舞いだけを出す人が多くなっていますが、
寒い頃に相手の安全を気にかけて書く寒中見舞いも大切なあいさつです。

親しい人で寒さの厳しき場所に住んでいる人がいたら、
「お変わりありませんか?」とハガキを出してみましょう。




寒中見舞いを出す時期は1月5日頃から、
5日過ぎに年賀状を送りそびれた人に出します。あいさつにも寒中見舞いと書きます。
小寒の前までが年賀状、小寒から節分まで(1月6日〜2月3日)が寒中見舞いです。

・小寒 1月6日 (寒の入り)
・大寒 1月20日
・節分 2月3日(この日が寒の明け)
・立春 2月4日

寒の入りは寒中見舞いを出す時期。書き方のポイントは?


「寒中見舞い」は、仲の良い人や最近会えていない人に冬のきびしい寒さが続くときに、
「お元気ですか?」と相手の無事をおうかがいする手紙です。

年賀状のように、書き方にいろいろな決まりはありませんが、
書き出しは、「寒中お見舞い申し上げます」が良いでしょう。

小寒いりの1月6日から、節分の寒の明け前までに出すのがマナーですが、
小寒の時期は、年賀状が主軸であるため、
実質的にはこれが終わる松の内(七草。1月7日)以降、に出すのが一般的です。

しばらく会っていない人には、ごぶさたしてしまったことをおわびして、
最近、自分や家族にあったことなどの報告をします。
また、出していない人から先にハガキを頂いた場合は、必ず返事を書きましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
普段、何げなく過ごしている毎日の中にも、季節を表す時期があり、
昔から続く挨拶の仕方というものがあります。

カレンダーには季節を表す言葉、行事が載ったものもありますので、
この機会に利用し、言葉の意味を噛み締めながら過ごしてみてはいかがでしょうか?



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

栗のトゲはなぜあるのか?イガの正体とは?栄養価が高いって本当?

まだ暑さがしぶとく残っているものの、朝晩の空気は秋モードに感じる9月。 この時期になると、ああ、夏も終わりだな・・・とちょっとしんみりしていまいます。 しかし、秋といえば食欲の秋! とくに、ほっこりし …

蛍はどうして光るの?種類はどれくらいあって見頃な場所と時間帯は?

夏の夜、飛び交う蛍のほのかな光・・・これぞ夏の風物詩! でも実際に蛍を見たことが無いという人も多いかも知れません。 ここ数十年で蛍が住みやすい環境は失われ、 都会ではほとんど見ることができなくなってし …

子供の雪遊びの種類は?長靴がNGな理由とおすすめグッツはこれだ!

冬の寒い時期、雪が降ろうものなら子供のテンションは最高潮! 子供は泥が混ざるような少ない雪でも、無理やり小さなかまくらや雪だるまを作って雪遊びを楽しみます。四季がはっきりしている日本では、この時期にし …

5月の旬のお魚とお野菜をご紹介!この時期はあのお魚がやってくる!

5月は大地の力強さや、美しさを強く感じる月です。 緑の若葉が太陽の光を受けて輝くこの時期になると、 海の魚も海岸に近づいて餌を食べたり、卵を生んだりします。 そんな海の魚の中で、とくに旬いとえる魚をご …

トウモロコシのひげは何のため?旬が短く変身上手の秘密とは?

トウモロコシは不思議な植物です。 なぜなら多くの植物が子孫を残すため種子を散布するために、 さまざまな工夫を凝らしているにも関わらず、 トウモロコシの種は皮に何重にも覆われ、 皮を剥いでも、人間が手を …