損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

行事

母の日のカーネーションは赤だけ?花言葉の意味と感謝の気持ちの伝え方

投稿日:


5月の第2日曜日は「母の日」です。
お花屋さんではたくさんの赤いカーネーションが並びます。

母の日は、いつもあなたの為に頑張ってくれいるお母さんに、
「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える日です。

今回は、今さら聞けない、母の日のカーネーションが赤でないとダメな理由や、
母の日のカーネーションの花言葉や、感謝の気持ちの伝え方についてご紹介していきます。
 



 

母の日に贈るカーネーションは赤でないとダメ?

一般的に、元気なお母さんには、赤いカーネーションを贈り、
亡くなったお母さんには白いカーネーションを飾るとされています。

母の日は、今からおよそ100年前、アメリカで始まりました。
アンナという女の人が、お母さんの亡くなった5月の第2日曜日に、
協会に友達を招き、お母さんのことを思う会を開きました。

アンアはお母さんが大好きだった白いカーネーションを飾り、
毎年みんなで母の日を祝おうじゃないかと提案しました。

まわりの皆んなは大賛成しました。
これがきっかけで、この会が開かれた5月の第2日曜日を「母の日」として祝い、
胸にカーネーションをつける習慣が広まりました。

母の日のカーネーションの花言葉は「母の愛情」

カーネーションは、母親が落とした涙のあとに生えた花で、
母親が愛情をそそいだものだと言われていました。
花言葉は「母の愛情」です。




アメリカでは、母親を亡くした人は白いカーネーションを胸につけ、
母親が生きてる人は赤いカーネーションを胸に付けます。

日本ではカーネーションをプレゼントする人は少なくなったきているようです。
バラとか、アジサイとか、ラベンダーとか、
様々な好きな花をプレゼントする人が増えているようです。
何の花を贈るにせよ、大事なのは感謝の気持ちです。

母の日は感謝の気持ちを伝えよう!

日本でも、母の日を祝う習慣は今でも広まっており、
ほとんどの人は、経験していることでしょう。

日本では、カーネーションを胸につけるのではなく、
お母さんに贈る習慣になっています。

また、カーネーションと一緒に感謝の気持ちを描いた、
カードやプレゼントを贈ることもあります。
大切なのは、特別なプレゼントを用意することではなく、

お母さんに、「いつもありがとう」という感謝の気持ちを伝えることです。
気持ちが大事なので、プレゼントを買うことができない小さな子供でも、
お母さんの似顔絵や、手紙を描いたらきっと喜んでもらえるはずです。
お手伝いをするのもいいですね。

まとめ

母の日の感謝の気持ちは是非、手書きで自分の気持を伝えていてはいかがでしょうか?
見返えしたり出来るので、きっとお母さんに喜ばれますよ!

物をプレゼントするのもいいですが、
自分の気持ちを残したメッセージはいつまでも無くなりません。
きっと宝物にしてくれるに違いありません。



-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

土用の丑の日にうなぎなのはなぜ?由来は?海生まれ川育って本当?

暑さで食欲減退気味のこの頃、楽しみなのが「夏の土用の丑の日」です。 年々価格が高騰傾向にあるうなぎですが、 この日だけはちょっと奮発してしまいますよね? 栄養たっぷりのうなぎを食べると、夏バテもどこか …

酉の市は酉の日に行うお祭り!福を呼ぶ熊手を買ってみよう!

酉の市は11月の酉の日に行われるお祭りです。 ◯◯祭りとは言わない少し変わったお祭りですが、 昔から思いが込められた大切なお祭りです。 いったいどんな思いが込められたお祭りなのでしょう? 今回は酉の市 …

小正月に小豆粥を食べるのはなぜ?どんどん焼きを行う意味と由来とは?

「小正月」という日が1月15日にあります。 この日は一体どんな行事がある日なのでしょうか? 今回はこの「小正月」についてご紹介していきます。 関連

バレンタインデーはなぜチョコ?女性から渡す理由は?なぜ2月14日?

2月14日はバレンタインデーですが、 なぜチョコを渡すのか考えたことはありませんか? もっと言うと、なぜ2月14日なのか?女性から渡す理由など、 だれしもが1度は考えたことがあるのではないでしょうか? …

敬老の日と長寿祝いの「年祝い」をご紹介!敬老って何歳からなの?

日本では、昔から「年祝い」と言って、特定の年齢を祝う習わしがあります。 とくに、長寿を祝うものが多いですが、高齢化社会を迎える日本では、 これからいくつも長寿の祝い事を重ねることになりそうです。 今回 …