損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

しもやけがかゆいのはなぜ?防ぐ方法は?こどもはなりやすいって本当?

投稿日:


あなたは、しもやけになったことはありますか?痒いし、痛いし最悪です。
しもやけのメカニズムって知ってますか?理解し対策すると意外と簡単に予防できるんです。
スキーやスノボ、雪遊びの時にしもやけに悩まされることがないよう、その方法をご紹介していきます。
  



しもやけは赤くてかゆいのはなぜ?

寒い日に外に出ると耳や鼻が赤くなります。どうして赤くなるのでしょう。
耳たぶを触ってみてください。ヒンヤリして冷たいですね。

耳や鼻は、体の他のところより、温度が低くなっています。
そのため、やけどをした時に、耳たぶを触る習慣もあります。
耳や鼻の温度が低くなるのは、血が周りにくいからです。

血は、全身に熱を運び、体を温めています。寒いときには、耳や鼻がとても冷たくなります。
そこで体は、耳や鼻に血を集めて温めようとします。すると、血の色で耳や鼻が赤く見えるのです。

あまり長い間寒い所にいると、やがて血の流れが減って、赤くなった所が痒くなったり、熱くなったりしてきます。これを「しもやけ」といいます。

しもやけを防ぐ方法とは?

寒い時には、血も冷やされます。冷えた血が体を回ると、体を芯から冷やしてしまいます。
体は、そんなことがないように、血が冷やされやすい鼻や耳、手足の先に、あまり血が行かないようにするのです。




血は、熱の他に、栄養や酸素も運んでいます。だから、血があまり行かなくなったところは、栄養や酸素が足りなくなり、皮膚がやけどのようにカサカサになってしまいます。

これが「しもやけ」です。しもやけは、体が血を冷やさないようにするために起こる、病気のようなものなのです。

予防方法としては、急激な冷えや、慢性的な冷えを防ぐ必要があります。
そのためには、素手で雪や氷に触れないようにします。

また、湿った靴下や靴はすぐに取り替えましょう。冷たい水や汗は、肌表面の温度を下げて血行を悪くします。湿った靴下などをそのまま履いていると、水分が蒸発する時に一緒に体温まで奪ってしまいます。常に冷えている状態だと、しもやけになりやすくなるので注意が必要です。

しもやけはこどもが特になりやすいので注意!


人間は成長するに従って細胞の数が増えていきます。細胞の数が増えれば増えるほど、体の発熱量も増えます。まだ幼い子供の場合、大人に比べて発熱量が少ないのと、体温がすぐに逃げやすいという特徴があります。

以上の理由から、熱を奪われやすいので大人以上にしもやけ対策をしっかりする必要があります。子供は冷たくてもつい、遊びに夢中になって我慢しがちですので、しっかりと親が見てあげましょう。

まとめ

しもやけにならないためには、手袋や帽子を身に着け、皮膚を暖かくすることが大切です。
寒い日は、お風呂などで、耳や手足の先をマッサージして、血の流れを良くするといいでしょう。しっかりと寒さ対策をして、元気に遊びたいですね。



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あじさいの花の色はどうして変わる?土と色水で分かる色素の秘密!

梅雨というと、いやなことが多いですよね。 例えば、「洗濯物が乾きにくい」「じめじめして不快」「カビが生える」など、 マイナスなイメージです。 しかし、梅雨の雨は、暑くなる真夏前の大地を潤してくれる「恵 …

蛍はどうして光るの?種類はどれくらいあって見頃な場所と時間帯は?

夏の夜、飛び交う蛍のほのかな光・・・これぞ夏の風物詩! でも実際に蛍を見たことが無いという人も多いかも知れません。 ここ数十年で蛍が住みやすい環境は失われ、 都会ではほとんど見ることができなくなってし …

子供の雪遊びの種類は?長靴がNGな理由とおすすめグッツはこれだ!

冬の寒い時期、雪が降ろうものなら子供のテンションは最高潮! 子供は泥が混ざるような少ない雪でも、無理やり小さなかまくらや雪だるまを作って雪遊びを楽しみます。四季がはっきりしている日本では、この時期にし …

栗のトゲはなぜあるのか?イガの正体とは?栄養価が高いって本当?

まだ暑さがしぶとく残っているものの、朝晩の空気は秋モードに感じる9月。 この時期になると、ああ、夏も終わりだな・・・とちょっとしんみりしていまいます。 しかし、秋といえば食欲の秋! とくに、ほっこりし …

きのこはカビの仲間!たくさんの種類をご紹介!日本の毒キノコ一覧

きのこは人工栽培のおかげで一年中手に入るため、 身近なきのこで季節を感じる機会は少ないと言えるでしょう。 とはいえ、秋には一株まるごとのマイタケやぷっくりとしたホンシメジ、 フリルのようなハナビラタケ …