損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

しもやけがかゆいのはなぜ?防ぐ方法は?こどもはなりやすいって本当?

投稿日:


あなたは、しもやけになったことはありますか?痒いし、痛いし最悪です。
しもやけのメカニズムって知ってますか?理解し対策すると意外と簡単に予防できるんです。
スキーやスノボ、雪遊びの時にしもやけに悩まされることがないよう、その方法をご紹介していきます。
  



しもやけは赤くてかゆいのはなぜ?

寒い日に外に出ると耳や鼻が赤くなります。どうして赤くなるのでしょう。
耳たぶを触ってみてください。ヒンヤリして冷たいですね。

耳や鼻は、体の他のところより、温度が低くなっています。
そのため、やけどをした時に、耳たぶを触る習慣もあります。
耳や鼻の温度が低くなるのは、血が周りにくいからです。

血は、全身に熱を運び、体を温めています。寒いときには、耳や鼻がとても冷たくなります。
そこで体は、耳や鼻に血を集めて温めようとします。すると、血の色で耳や鼻が赤く見えるのです。

あまり長い間寒い所にいると、やがて血の流れが減って、赤くなった所が痒くなったり、熱くなったりしてきます。これを「しもやけ」といいます。

しもやけを防ぐ方法とは?

寒い時には、血も冷やされます。冷えた血が体を回ると、体を芯から冷やしてしまいます。
体は、そんなことがないように、血が冷やされやすい鼻や耳、手足の先に、あまり血が行かないようにするのです。




血は、熱の他に、栄養や酸素も運んでいます。だから、血があまり行かなくなったところは、栄養や酸素が足りなくなり、皮膚がやけどのようにカサカサになってしまいます。

これが「しもやけ」です。しもやけは、体が血を冷やさないようにするために起こる、病気のようなものなのです。

予防方法としては、急激な冷えや、慢性的な冷えを防ぐ必要があります。
そのためには、素手で雪や氷に触れないようにします。

また、湿った靴下や靴はすぐに取り替えましょう。冷たい水や汗は、肌表面の温度を下げて血行を悪くします。湿った靴下などをそのまま履いていると、水分が蒸発する時に一緒に体温まで奪ってしまいます。常に冷えている状態だと、しもやけになりやすくなるので注意が必要です。

しもやけはこどもが特になりやすいので注意!


人間は成長するに従って細胞の数が増えていきます。細胞の数が増えれば増えるほど、体の発熱量も増えます。まだ幼い子供の場合、大人に比べて発熱量が少ないのと、体温がすぐに逃げやすいという特徴があります。

以上の理由から、熱を奪われやすいので大人以上にしもやけ対策をしっかりする必要があります。子供は冷たくてもつい、遊びに夢中になって我慢しがちですので、しっかりと親が見てあげましょう。

まとめ

しもやけにならないためには、手袋や帽子を身に着け、皮膚を暖かくすることが大切です。
寒い日は、お風呂などで、耳や手足の先をマッサージして、血の流れを良くするといいでしょう。しっかりと寒さ対策をして、元気に遊びたいですね。



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

栗のトゲはなぜあるのか?イガの正体とは?栄養価が高いって本当?

まだ暑さがしぶとく残っているものの、朝晩の空気は秋モードに感じる9月。 この時期になると、ああ、夏も終わりだな・・・とちょっとしんみりしていまいます。 しかし、秋といえば食欲の秋! とくに、ほっこりし …

新茶はいつからいつまで?日本茶の種類の違いと八十八夜と茶摘みの関係とは?

日本のお茶は中国から伝わったもので、昔は薬として飲まれていました。 お茶を飲むことを「一服する」といいますが、 これはお茶が薬だったなごりです。 新茶は渋みが少なく、テアニンという旨味成分がたっぷりと …

小寒の意味と寒の入りとは?挨拶の方法と寒中見舞いの書き方をご紹介!

日本の伝統文化には日本ならではの「季節の挨拶」があります。 しかし、最近は使い方がよく分からないといった理由で敬遠してしまう人が多いようです。 そこで、今回はいくつかある季節の挨拶の内、小寒、つまり「 …

春分の日はなぜ休み?昼と夜の長さが変わる理由と関係あるの?

あなたは「春分の日」がなぜ国民の祝日なのかご存知ですか? またこの日は一年に2回ある、昼と夜が同じ長さになる日です。 今回は「春分の日」について、あなたの疑問にお答えしていきます。   関連

静電気の除去対策をご紹介!服での方法とグッズで軽減するテクニックとは?

あなたはなぜ、静電気が起きるのか、ご存知ですか? 私達の身の回りの全ての物はプラスとマイナスの電気を帯びています。 すべての動物は勿論のこと、ドアノブや車やバイク、洋服も例外ではありません。 プラスと …