損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

朝顔が朝咲くのはなぜ?咲く時間は決まってる?朝顔市の鬼子母神とは?

投稿日:


朝顔は夏を代表する花の一つです。
あなたも、小学校や自宅などで育てたことはありませんか?

朝顔は、名前のとおり、朝に咲いてお昼にはしぼんでいます。
朝顔は、どうやって朝になったことが分かるのでしょう?
今回はそんな朝顔の謎についてご紹介していきます。
  



朝顔が朝咲くのはなぜ?

夏に差しかかると、朝顔の花が咲くのは朝の3時から4時頃です。
朝日がのぼるずっと前から咲いているんですね。

実は朝顔の花は、朝になったのを知って咲くのではありません。
夜、暗くなってから、だいたい9時間くらいたつと咲くようになっているのです。

ですから、秋が近づいて、早く太陽がしずむようになると、
咲く時刻はやくなっていきます。

あなたも、早く寝た時ほど、次の日の朝早く目がさめませんか?
朝顔もあなたと同じように、体の中に時計を持っているのです。

朝顔が咲く時間は決まっている

決まった時間に咲かせるのは、朝顔だけではありません。
例えば、ハスの花は、夜中の2時頃に開き始めて明け方に咲き、
昼までには閉じてしまいます。




また、ヨルガオやマツヨイグサなどは、夜から明け方までの、
太陽が出ていない時にだけ咲きます。

花の咲く時間は、その花の花粉を運んでくれる虫が動く時間に合わせているのだと言われています。花の種類によって、飛んでくる虫の種類が違うので、咲く時間も違うのです。

朝顔の花びらはとても薄いですね。
薄いと中の水が出ていきやすいので、花びらからはどんどん水が出ていきます。

とくに、夏の日差しが強い日は、根から吸い上げた水より、
出ていく水のほうが多くなります。
そして、水気が無くなった花がしぼんでしまうのです。

そのため、水が出ていきにくい雨の日は昼くらいまで花が咲いています。

朝顔市が鬼子母神をまつる真源寺の縁日として行われる

夏の朝、ラッパのような形の花を咲かせる朝顔は、
奈良時代に中国から薬として日本に伝えられました。

江戸時代になると、朝顔は、いろいろな色や形の花が作られ、
花を楽しむ植物として大流行しました。

そして、あさがお市が東京都台東区入谷の鬼子母神(きしもじん)をまつる真源寺の縁日として行われるようになりました。

鬼子母神は、もとは、大勢の自分の子を育てるために、他の子供をさらってきて食べる鬼女でした。仏が鬼女の末の子を隠し、悲しむ鬼女に、どの子も愛すべきことを悟したことから仏の弟子となり、出産や子育ての神様になりました。

朝顔は別名「牽牛花(けんぎゅうか)」といい、七夕にちなむ花なので、
あさがお市は毎年、七夕の前後三日間に行われます。

まとめ

暑さに負けそうな日々の中、涼しげな朝顔が見れるのは嬉しいものです。
ぜひ、早起きをして、朝顔がしぼむ前の朝早い時間に鑑賞してみてはいかがでしょうか?



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

静電気の除去対策をご紹介!服での方法とグッズで軽減するテクニックとは?

あなたはなぜ、静電気が起きるのか、ご存知ですか? 私達の身の回りの全ての物はプラスとマイナスの電気を帯びています。 すべての動物は勿論のこと、ドアノブや車やバイク、洋服も例外ではありません。 プラスと …

あじさいの花の色はどうして変わる?土と色水で分かる色素の秘密!

梅雨というと、いやなことが多いですよね。 例えば、「洗濯物が乾きにくい」「じめじめして不快」「カビが生える」など、 マイナスなイメージです。 しかし、梅雨の雨は、暑くなる真夏前の大地を潤してくれる「恵 …

しもやけがかゆいのはなぜ?防ぐ方法は?こどもはなりやすいって本当?

あなたは、しもやけになったことはありますか?痒いし、痛いし最悪です。 しもやけのメカニズムって知ってますか?理解し対策すると意外と簡単に予防できるんです。 スキーやスノボ、雪遊びの時にしもやけに悩まさ …

栗のトゲはなぜあるのか?イガの正体とは?栄養価が高いって本当?

まだ暑さがしぶとく残っているものの、朝晩の空気は秋モードに感じる9月。 この時期になると、ああ、夏も終わりだな・・・とちょっとしんみりしていまいます。 しかし、秋といえば食欲の秋! とくに、ほっこりし …

小寒の意味と寒の入りとは?挨拶の方法と寒中見舞いの書き方をご紹介!

日本の伝統文化には日本ならではの「季節の挨拶」があります。 しかし、最近は使い方がよく分からないといった理由で敬遠してしまう人が多いようです。 そこで、今回はいくつかある季節の挨拶の内、小寒、つまり「 …