損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

防災

地震の水対策!必要量はどれくらい?貯めるコツを教えて!

投稿日:


地震で水道が止まった時、あなたの家には使える水はありますか?
家に食べ物が全くない状態はなかなか無いかもしれませんが、
水はどうでしょう?断水すると、家のトイレは使えなくなります。
大地震が起きた場合でも水分補給とそれを出す環境は絶対条件です。
今回は大地震に備えた水対策について詳しくご紹介していきます。
  



地震の水対策は生きる基本、つまり備えの基本

南海トラフ巨大地震の被害想定について、最大約 3,440万人が断水し、東海三県の約6〜8割、近畿三府県の約4〜6割、山陽三県の 約2〜5割、四国の約7〜9割、九州二県の約9割が断水すると想定されています。(引用元:中央防災会議 防災対策推進検討会議 )

大地震。南海トラフの巨大地震が今後30年以内に起きる確率は、これまでより高い「70%から80%」に見直され、これからその確率は上がる一方です。大地震が起きる未来は確実にあなたに近づいてきています。

今後想定される大地震については、国や自治体が被害想定を出しています。
まずは地震を理解し、自分が住んでいる場所で、「自分達に起こること」を、想像する。
どれが、防災の第一歩です。

巨大地震がきたら水はどれくらい必要?

過去の大地震では、断水が3日から数週間にも及びました。
南海トラフ地震では3440万人が断水の被害を受け、
1週間後でも1740万人の被害が継続していると予想されています。




のどの渇きは脱水症状のサイン。1週間分は用意しておきましょう。
水の量は、食事から得る1リットル、体内成分0.3リットルと合わせて、
一日の排出水分量2.5リットル(成人男性の場合)を補う必要があります。
料理に使用する分も含めて1人最低2リットルは用意しましょう。

地震に備えて水を貯める習慣を!


ペットボトルやポリタンクなどの容器には、普段から水道水を入れておきましょう。
3日に1度取り替えておくと飲料水として利用できます。

ただし、浄水器を通した水は塩素による消毒効果がないので、毎日取り替える必要があります。これらの容器は運搬にも使えるので、必ず用意しておきましょう。

お風呂の水は生活水に使えるので、入れ替えるタイミングまで抜かずにとっておき、
常に空にしないようにしましょう。ただし、揺れで溢れないように6割位の量がよいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ご紹介した地震の水対策は、今からできるものばかりです。
ですから、今すぐ行動しましょう。こういった習慣が備えの基本であり、
あなたと、あなたの大切な人の命を繋ぐことに繋がるのです。



-防災
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震で建物は倒壊する可能性がある!耐震基準と防災対策を説明!

あなたは自分の住んでいる家の耐震性がどれほどか、把握していますか? 新築の耐震は分かりやすいですね。でも、もう建って何年も経過している建物は? 今回は、地震による建物倒壊の危険性についてのお話です。 …

地震の家具転倒被害!転倒防止おすすめグッズと家の中の安全対策をご紹介!

地震に備えての家具の対策、なんだか面倒。 動かすのも大変だし、一見倒れなさそうですよね。 でも大地震では、家具は驚くほど動き、飛んできて、あなたや家族を襲うのです。 災害時に起こりうる状況を色々と想像 …

南海トラフ地震!神奈川県の危険度まとめ!警戒すべき点をご紹介

地震、台風、大雨、崖崩れなどのさまざまな大災害が起こる日本。 いつ、どこで起こるか分かりません。特に被害が大きいとされる、南海トラフ地震。 食料の確保や給水、緊急処置など、災害時のトラブルに対処すべく …

液状化のメカニズム!揺れやすさをマップでリスクを知ろう!

いつもの生活と同様に、 地震が起き時に必要になるものは人それぞれ異なります。 テレビや雑誌で紹介されている情報は万人共通の、 あくまで必要最低限のものです。 自分の住む地域、普段の暮らしを考えた時、 …

地震時ガスを止めるは間違い!メーターの復帰方法とカセットコンロの必要性

料理中に地震が起きた時、まずはガスを消す。あなたはそう考えたことはありませんか? 実はそれ、間違いです。今、ガスは自動で止まるんです! 地震が起きた時、あなたがまずとるべき行動、それはあなた自身の身の …