損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

日本文化

重陽の節句の由来とは?秋の実りに感謝する祭りと、菊で長寿を願う

投稿日:


あなたは、お気づきでしょうか?1桁奇数月のゾロ目となる日は何かしら大きな行事があるということに。1月1日はお正月、3月3日はひな祭り、5月5日はこどもの日、7月7日は七夕、9月9日は・・・さて、何の日でしょう?

現代ではすっかり影が薄くなってしまっていますが、9月9日は「重陽の節句」というれっきとした節句の一つなのです。

今回は知らない人が多いこの「重陽の節句」についてご紹介していきます。
  



重陽の節句の由来とは?

9月9日は重陽の節句です。中国では奇数のことを「陽数」といって、
一番大きな数である「9」が縁起が良いとされていました。

陽数が揃う1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日を節句として」盛大にお祝いする風習があり、それが日本にも伝わりました。

重陽に節句とは、もともと旧暦9月9日の行事です。旧暦9月9日は、今の10月のはじめ頃です。この頃には菊の花が咲くので、重陽の節句は「菊の節句」とも呼ばれます。

菊には、「不良長寿」の力があると考えられていました。不良長寿は「年をとらず長生きする」という意味です。昔の人は、この日に高い場所で、お酒に菊を浮かべた「菊酒」を飲み、長生きを願いました。

また、秋は沢山の農作物が実る時期です。昔の日本では、この日を「栗の節句」と呼び、栗ご飯を炊いて、秋の収穫を祝いました。

重陽の節句の祭りで秋の農作物の実りに感謝

北九州地方では、重陽の節句と秋の実りに感謝する祭りが合わさり、「お九日(おくんち)」という祭りが開かれまいした。




長崎県では10月7日から9日まえ「長崎くんち」が開かれます。バクチクやドラの音が激しく鳴る中で、大きな龍が舞う「龍おどり」などが披露される、派手なお祭りです。

長崎くんちと、佐賀県の「博多おくんち」の3つのお祭りを合わせて、「日本三大くんち」といいます。

また、菊の花を使った祭りも全国で行われます。菊の美しさを競う「菊まつり」や菊の花で飾られた人形を見せる「菊人形」が有名です。

重陽の節句と菊の節句でと長寿を願う

重陽の節句には、菊の花にまつわる言い伝えがあります。重陽の節句の前の夜に、菊の花に綿をかぶせ、次の日の朝、菊の香りを吸った綿で肌をぬぐうと、長生きができるというのです。

また、重陽の節句につんだ菊の花びらを乾かして枕に詰めて作った「菊まくら」で眠ると、悪いものを追い払えるといわれています。

昔の江戸幕府は公的な終日として「五節句」を制定し、そのうち1月1日の元日だけは別格として、代わりに1月7日を「人日の節句」として取り入れました。

五節句とは次の5つを指します。

1月7日 人日の節句→七草の節句「無病息災を願う」
3月3日 上巳の節句→桃の節句「女児の成長を願う」
5月5日 端午の節句→菖蒲の節句「男児の成長を願う」
7月7日 七夕の節句→七夕「技巧の向上を願う」
9月9日 重陽の節句→菊の節句「不老長寿を願う」

まとめ

1桁の陽数の中で一番大きい数である「9」は最高の数字と考えられ、9月9日は「陽数が重なる」→「重陽」と呼ばれました。庶民の間では「栗の節句」とも呼ばれ、栗ご飯を食べて秋の収穫をお祝いしていたそうです。
あなたも9月9日に栗ご飯でお祝いしてみてはいかがですか?



-日本文化
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お歳暮は年末の贈り物!塩魚の由来と、お中元の違いとは?

贈り物というと、まずお中元やお歳暮が思い浮かびます。今ではなかば形式化した習慣になっていますが、そもそもこれら贈答の習慣も、日本特有の信仰心に端を発しています。 今回は、深い思いが込められた贈答品につ …

七五三は何歳でやるの?子供の成長を願う行事や習わしを複数紹介

七五三は11月15日に行われる、子供の成長を祝う行事です。 昔は、幼い子供が病気などで命をおとすことが多かったので、 子供の無事な成長を神様に祈りました。 このように、昔から、子供は大事に育てられまし …

午の日とは、いなり寿司を食べる日?お稲荷さんとの関係の意味は?

「午の日」って聞いたことありますか? 「うまのひ」と読みますが、なぜ「馬」という字を使わないのでしょう? いなり寿司を食べる習慣があるとか、稲荷神社との関係など, 結局「午の日」って何?と馴染みのない …

初夢はいつ見る夢?縁起がいい夢とおみくじの占いどっちを信じる?

1月は行事が特に多い月です。日本に住んでいた昔の人達にとって、 1年間の農耕の始まりの時で、田畑を守ってくださる歳神さまをむかえたり、 そなえものをするなどの大事な行事がある月です。 日本の行事やなら …

お正月遊び福笑い、骨牌(かるた)、羽根つきの由来と遊び方をご紹介

昔は今と違い、三が日はどこのお店もお休みでした。 ですから昔の子供達の娯楽といえば、かるたや凧あげやこま回しなどで、 毎年のように家族対抗で没頭して遊んでいました。 今どきはスマホがありますし、新しい …