損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

防災

地震で避難する時の持ち物リスト、備蓄品、避難所で必要なものをご紹介!

投稿日:


首都直下地震、南海トラフ地震等の大規模災害では、避難所のスペースも物資も足りません。
避難する時の持ち物も、「地震が収まってからでなんとかなる」、という考えは禁物です。
災害時を常に想定して、あらかじめ準備を進めておくことが大切です。
今回は、地震で避難する時の持ち物リストと、救援物資が届くまで、または災害が落ち着くまで、生活をするための備蓄品、避難所で必要なもの、あると便利なものをご紹介していきます。
  



地震で避難する時の持ち物リストをご紹介!

自宅の耐震性に不安があり、半壊・全壊の危険がある場合は、避難する必要があります。
状況をしっかりイメージして持ち出すものをセレクトします。下記以外にも、自分にとって必要なものがないか考え、適宜追加しましょう。

●身につけるもの
・ヘルメットなど
・厚底の靴
・軍手
・マスク
・携帯電話・スマホ

●リュックに入れて持ち出すもの(一人あたり)
・飲料水(1〜2L程度、持てるだけ)
・携帯ラジオ
・筆記用具、メモ帳、笛
・トイレットペーパー、ティッシュ、ウエットティッシュ
・衛生用品、生理用品
・おむつ、離乳食、乳児用ミルク
・保険証、メモカード
・携行食(ビスケット、チョコレート、バランス栄養食品など)
・懐中電灯、予備電池
・ビニール袋、ポリ袋
・防寒具、雨具、携帯カイロ
・応急医療品
・携帯電話、充電器、バッテリー
・タオル、下着、靴下
・現金(小銭)、通帳、印鑑、身分証(コピー)
・多目的ナイフ
・入れ歯、コンタクトレンズ、メガネ
・常備薬、お薬手帳
・アイマスク、耳栓、マスク
・非常用トイレ(便器に被せるタブレットタイプ)
・クッションマット、寝袋
・スリッパ
・新聞紙、ラップ

地震の災害が落ち着くまでの備蓄品とは?

地震時、何が起こるかイメージできたら、命、安全、生活を守るための備えをしましょう。
備蓄は量が足りなければ意味がありません。具体的な必要量も考えながら用意する必要があります。

【必ず用意しておくもの】
・飲料水(1人1日3リットルx7日分x家族数)
・保存可能な食料(7日〜10日分程度)
・カセットコンロ(予備ボンベ)
・紙皿、紙コップ、割り箸
・タオル、毛布
・ランタン、懐中電灯(予備電池)




【必要になるもの】
・スリッパ(散乱した部屋を片付ける際に)
・簡易トイレまたはポリ袋
・ほうき、ちりとり
・スコップ、バール、ジャッキ、斧、ノコギリ
・ウォータータンク、荷物搬送カート
・軍手
・ブルーシート
・使い捨てカイロ
・ラップ、アルミホイル(水を無駄にできない時にお皿に巻く)
・ハンディろ過機(水の清浄)
・トイレットペーパー、ティッシュ
・高密度ポリエチレン
・レジ袋
・45リットルごみ袋

【家族構成によって必要になるもの】
・母子健康手帳
・粉ミルク、ほ乳瓶、離乳食
・おむつ、おしりふき(お風呂に入れない場合に体をふくこともできる)
・生理用品
・障がい者手帳、介護用品

【ペットがいる場合】
・ペットフード
・その他のペット用品

備蓄品の注意点として、衣類などは季節によって必要なものは変わります。
食料品や飲料水などは賞味期限があるため、定期的にチェックを!

地震における避難所で必要なもの、便利なものをご紹介!


地震で避難する場合、避難所で必要なものは携行することになりますが、
避難のあと自宅に荷物を取りに戻れる場合、下記のものがあると便利です。

・毛布、寝袋、座布団
・ライター類
・缶切り、多目的ナイフ
・ガムテープ
・空のダンボール箱(私物の整理に役立つ)
・筆記用具、メモ帳
・着替え、大型タオル、スリッパ
・洗面用品、マウスウォッシュ
・応急医療品(ばんそうこう、傷薬、胃腸薬、風邪薬、目薬、サプリメントなど)
・アイマスク、耳栓、補聴器、入れ歯用洗浄剤
・ハンディろ過機(水の清浄)
・マスク、帽子(集団生活は風邪を引きやすくなるため、予防としても役立つ)

まとめ

いかがだったでしょうか?以外に種類が多く、驚いたのではないでしょうか?
「備えあれば憂いなし」です。ぜひ、ご紹介したアイテムはチェックリストとしてお使いください!



-防災
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震時の避難方法はどうする?携帯に便利なグッツと安全な服装とは?

大きな地震がきた時、一体どう避難すればいいのか? あなたは考えたことはありますか? ただ表へ逃げただけでは安全は保証されません。 いつ大きな地震が起きてもおかしくない今の日本で、 いざという時に、少し …

地震の家具転倒被害!転倒防止おすすめグッズと家の中の安全対策をご紹介!

地震に備えての家具の対策、なんだか面倒。 動かすのも大変だし、一見倒れなさそうですよね。 でも大地震では、家具は驚くほど動き、飛んできて、あなたや家族を襲うのです。 災害時に起こりうる状況を色々と想像 …

津波の速度はジェット機並!水深と被害が大きい時の関係とは?

この25年間に、私達は、 「阪神・淡路大震災」「新潟県中越沖地震」「東日本大震災」「熊本地震」など、 何度も大地震を経験しました。 そしてこれからも「首都直下地震」「南海トラフ地震」など同レベルか、 …

災害時にろうそくは必要?メリットは?燃え方の不思議と種類をご紹介!

あなたの自宅には「災害用ろうそく」は置いてますか?防災意識の高い人であれば、災害に備えて常備されているのではないでしょうか? その一方でこう思っている人もいます「懐中電灯でよくない?」。あなたはどっち …

地震で食料は何日分必要?非常食のおすすめとローリングストック法のご紹介!

南海トラフ大地震レベルの大地震後は、被災自治体の行政機能の麻痺や、通信断絶のため、 必要な食料や輸送先の把握が困難で、被災者に十分な食料が届かないことが考えられます。 また、食料が大幅に不足することが …