損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

防災

地震時に家の中で入浴中、睡眠中、料理中だった時の対処法をご紹介!

投稿日:2019年7月4日 更新日:

突然の地震、大きな揺れを感じ時、
あなたがもし、入浴中や睡眠中だった場合、自分の身を守れますか?

また、料理中であれば、危険要因が増す可能性が高いです。
地震災害が発生した時、スムーズな初動対応がとれるかは、
事前の準備で大きく変わってきます。

今回は、地震が起きた時に困るシチュエーションを想定して、
とるべき行動をご紹介していきます。いざという時にきっと役に立つはずです。

  



地震がきた時、家の中で入浴中だったらどうする?

入浴中は通常時よりも地震がきた時、焦るはずです。

しかし、昔とは違い、今はテレビなどの音が聞こえなくても、
普段から入浴する時は、スマホを出入り口のそばへ置いておけば、
地震の詳細情報をいち早くチェックでき、迅速な対応ができます。

大きな地震の場合、扉が揺れで歪んで開かなくなる恐れがありますので、
なるべく早く開けて出口を確保します。

しかし、慌てて出口から逃げようとすると、滑って転倒してしまう恐れがあります。

強い揺れがおさまってから避難しましょう。
また、お風呂場の鏡や窓ガラスなどの破片にも注意が必要です。

地震がきた時、家の中で睡眠中だったらどうする?


地震は寝ていようが、昼夜問わずお構いなしに襲ってきます。
ですから、睡眠中動けない状態でも、
寝ているところに物が落ちてこないような部屋のレイアウトにします。

枕元か、その近くにはスマホ、懐中電灯を置くようにしましょう。
また、お風呂場同様、出口の確保をなるべく早く行います。




迅速、安全に行動できるよう、はだしのままでもいいように、
スリッパを寝るところの近くに置いておきましょう。

地震がきた時、家の中で料理中だったらどうする?


料理中は火を扱っている場合があるので、
他の場所より出口から脱出するまでに時間がかります。

ですから、普段からしっかりとイメージして、
スムーズは行動がとれるようにしておきましょう。

台所は転倒すると危険なものが多く置いてあります。
食器棚や冷蔵庫などがそれですが、固定金具でしっかりと固定しておきましょう。

レイアウトも料理中でも安全になるように配置します。
火の始末は近づくと危険な場合があるので、大きな揺れがおさまってからです。

消化器を常備している場合、火元に近すぎると取りに近づけなくなる恐れがありますので、
少し離れた所に置いておくようにします。

最近のコンロは自動で揺れを感知して消化する機能付きのものもありますが、
なるべく消化器は常備しておきたいところです。

費用がかさみますが、安全第一です。

まとめ

いかがだったでしょうか?あなたはどれだけ準備できていますか?

あの時ああしておけばよかったと、後悔することがないよう、
今から準備して、いつか必ず襲ってくる大地震に備え、

あはた自身と大切な人の命の安全を確保し、少しでも安心した毎日を送ってください。



-防災
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

地震時の火災対策、通電火災の恐怖と避難訓練の重要性をご紹介!

地震が起きたら「すぐに火を消す!」という教えが普及したいます。 私も子供の時、親からそのように教わりました。 日本は地震大国であり、昔から地震の被害を受けてきたことから、 「地震がきたら火を消す」が身 …

台風の名前の決め方は?台風、ハリケーン、サイクロンの違いと名前一覧

あなたは台風の名前のしくみをご存知でしょうか? よく天気予報で「5号」と番号で呼んだり、 「テンビン」と名前で読んだりもしています。 この呼び方の違いって何なのでしょうか?名前は誰が決めるのでしょう? …

災害救助犬の活躍で多くの人を救う!寄付で皆も協力体制を!

災害直後に現地に入り、命がけの人命救助を行う犬がいます。 あなたは災害救助犬をご存知ですか?日本は災害大国ですから、 聞いたことがある人は多いのではないでしょうか? 災害救助犬はおもに、自衛隊と共に捜 …

津波の速度はジェット機並!水深と被害が大きい時の関係とは?

この25年間に、私達は、 「阪神・淡路大震災」「新潟県中越沖地震」「東日本大震災」「熊本地震」など、 何度も大地震を経験しました。 そしてこれからも「首都直下地震」「南海トラフ地震」など同レベルか、 …

大雨が増えた理由、水害が起こる降水量は?浸水で歩けない水の量は?

近年、集中豪雨による水害、土砂災害が頻発しています。 報道される災害情報での雨量は、 実際はどのようなものなのかイメージしにくいかも知れません。 しかし、他人事ではなく、雨量による影響や、 自分の住む …