損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

生活の知恵

蜂に刺された場合の対処法!人をなぜ刺すのか?攻撃は命がけって本当?

投稿日:2019年8月1日 更新日:


花壇や公園で花が咲き始めると、花の蜜を集めるために飛ぶ、蜂を見るようになります。中には巣を作る蜂たちもいます。蜂がぶんぶん飛んでいると、刺されるかも知れないから怖いと感じますよね。もし、刺された場合あなたは正しく対処できますか?
そもそも蜂に刺されないよにするにはどうすればいいのでしょうか?
今回は、そんな蜂についてのお話です。
  



蜂に刺されたらまず何をする?対処法を解説!

ミツバチやアシナガバチのような小さな蜂でも、
刺されるととても危険です。

特に怖いのは、大きなスズメバチは強い毒を持っていて、
刺された所は、2,3日痛みが残ります。

スズメバチに刺されると、大人でも死ぬことがあります。
スズメバチを見かけたら、絶対に近寄ってはいけません。
刺激しないように、静かに離れましょう。

蜂に刺された時は、針が残っているなら取って、水でよく洗って下さい。
その後、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

家に強力吸引タイプの応急毒取り器があると便利です。
ネットで簡単に購入が可能です。

蜂などの毒を持つ虫に刺された場合、
ただちに体内から毒を排除しなければなりません。

吸引器は簡単な操作で強力に毒を吸収し傷口から抽出するように設計されています。
これはあくまで、お医者さんに手当を受けるまでの応急処置器具であることを忘れずに!

蜂は人をなぜ刺すのか?

ミツバチの針には、逆さ向きのトゲがあり、
刺したあと、抜けないようになっています。

刺すと、おしりの部分がちぎれて残り、
毒を送り続けるようになっているのです。

さした蜂は、まもなく死んでしまいます。
蜂は、命がけで、家族がいる巣を守っているのです。

一番身近で見ることが多いのがミツバチだと思いますが、
ミツバチは蜂の中で唯一、冬眠をしないで冬を越します。




冬は身を寄せ合って、羽をふるわせて熱を発し、身を寄せ合って春を待ちます。
この羽をふるわせ続けるために、エネルギー源となるはちみつを大量に消費します。

暖かいうちにミツバチは花からミツを身体の毛に絡め付けて一生懸命巣まで運びます。
はちみつを作るためです。蜂を見かけたら、こちらから離れたほうが懸命です。
蜂も目的があって命がけで行動しているのです。

蜂が刺すのは命がけ、めったにささない


意外に思われるかも知れませんが、蜂はめったに人を刺したりしません。
蜂が人を刺すのは、家族が住む巣を守るときと、
自分の身が危険なときだけです。

春は、どの蜂も巣を作るのに一生懸命です。
だから、蜂の巣に近づいたり、蜜を集めている蜂を刺激したりしなければ、
ほとんどの場合、刺されることはありません。

夏から秋になって、巣がおおきくなり、巣の中の蜂が増えると、
刺されることが多くなります。蜂の巣には近づかないようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
蜂は刺激をしなければ、人を刺すことはめったありません。
相手の邪魔をしたり、むやみやたらに近づいたりしなければ問題ないのです。

しかし、自分が普段通る道や、家の近くに巣をみかけたら、
非常に危険ですので、役所に連絡して駆除してもらいましょう。



-生活の知恵
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新米と古米の見分け方と美味しい炊き方をご紹介!

あなたは新米と古米の見分け方をご存知でしょうか? 新米と古米には美味しく食べるための炊き方があるのですが、 多くの人が意外とご存じないようです。 知らない人のために今回は、 新米と古米の見分け方と、炊 …

節約は目標を立てるだけでは達成できない?無理なくできる方法とは?

節約に関して昔から様々な書籍が販売されています。そういった書籍を購入されて節約方法を学んでる方や、スマホのアプリなどを使用して節約をしている方など様々な方法で節約をし、工夫をこなしていると思います。 …

冷蔵庫の電気代を節約するのに開け閉めとコンセント抜くのって効果ある?

ご家庭で電源を入れっぱなしで常に稼働状態の家電って限られていますよね。 今回はその中でも消費電力の多い冷蔵庫について節電の方法をご紹介していきます。 仕組みさえ作ってしまえばあとは少ない労力で簡単に節 …

車を手放すメリットとデメリットをご紹介。節約目的はタイミングが重要

車を所有している方の悩みって大体共通していて家計への圧迫が多分に挙げられlます。普段からそれほど乗らなくても、車ですから利用頻度に関わらず維持費はそれなりに必要です。 自分にとって車は不可欠だろうかと …

ノートパソコンの選び方で初心者が誤った基準でおちいる間違いとは?

ノートパソコンは安い買い物ではありません。買った金額分は最低でも回収するまで徹底的に使い尽くそうと思いますよね。とは言っても、色々なタイプのあるノートパソコン。どれを選べばいいのか迷ったりしませんか? …