損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

行事

春分の日をまたぐお彼岸の期間は?お墓参りとおはぎを食べる意味とは?

投稿日:


「春分の日」は国民の祝日です。休みなので嬉しくなっちゃいますが、祝日って意外と具体的にどんな日なのか、何をするための日なのかは知られていなかったります。
また、春分の日というと、お彼岸をイメージする人は多いのではないでしょうか?
今回は春のお彼岸について詳しくご紹介していきます。
  



春分の日をまたぐ春のお彼岸の期間はいつからいつまで?

3月半ばを過ぎると、暗くなるのが遅くなってきたと感じる時期になります。
冬は、太陽が朝の遅い時間に登り、夕方の早い時間に沈んでしまします。

そのため、昼が短く、夜が長くなります。夏は反対に太陽が朝早い時間に登り、
夕方遅くまで沈まないので、昼の明るい時間が長くなります。

3月21日頃には、昼と夜の長さが同じにまります。この日を「春分の日」と言います。
秋にも昼と夜が同じになる日があります。こちらを「秋分の日」といいます。

そして、春分の日と、秋分の日のそれぞれ前後3日間を合わせた7日間を「お彼岸」といいます。春分の日をまたぐ春のお彼岸のころには、寒かった冬が終わり、だんだんと暖かくなる時期です。また、秋のお彼岸の頃には、夏の暑さが和らぎ、涼しくなってくる時期です。このように、お彼岸を過ぎれば穏やかになるので、「暑さ寒さもお彼岸まで」といわれています。

春分の日のお彼岸にお墓参りをする理由

日本では、お彼岸にご先祖様のお墓参りをする習慣があります。
仏教では、生死のうれいや、色々な悩み、迷いのあるこの世を川のこちら側という意味の此岸(しがん)といい、それに対して、迷うことのない悟りの心で行き着く、清らかな世界を川の向こう岸という意味の彼岸(ひがん)と呼んでいます。




彼岸は、仏様がいる幸せに溢れた極楽浄土で、西にあると信じられています。
そのため、太陽が真西に沈むお彼岸の時期に、
彼岸にいるご先祖様にお供えをして、お参りするのです。

お墓参りでは、まず、お墓のまわりをホウキで掃除して、墓石を水で洗います。
次に、お花やぼた餅などをお供えし、線香をあげます。

最後に、墓石にたっぷり水をかけ、手を合わせて拝みます。
お墓参りのやり方は、場所や家によって違います。それぞれの家のやり方で行って下さい。

春分の日のお彼岸におはぎを食べるのはなぜ?


「ぼたもち」と「おはぎ」、お彼岸の時期にはよく食べますが、この2つは同じものです。
ばたもちは漢字で「牡丹餅」、おはぎは「お萩」と書きます。
小倉の小粒を、その時期に咲く「牡丹」と「萩」に見立てたといわれています。

その他にも、「こしあんで作ったぼたもち、つぶあんで作ったおはぎ」や、
「もち米を使った方がほたもち、白米を使った方がおはぎ」などの諸説もあります。

また、ぼたもちは夏と冬にも別の呼び名があります。その名も夏は「夜船」、冬は「北窓」です。おはぎを食べるのは、ご先祖の霊の好物であるお菓子(ぼたもちや)をお供えし、おさがりを家族でいただくためです。

「おはぎ」と「ぼたもち」。同じものでも季節によって呼び名を変えるのは、季節を楽しむことができる日本ならではの文化ですね。

まとめ

お彼岸は日本の大切な伝統行事です。最近はこれらの行事は知ってはいるけど、体験したことがない人が増えていると聞きまます。しかし、知っているだけでは意味を成しません。なによりも大切なのは知っていることを実際に行うことです。是非お彼岸には、普段見守ってくれているご先祖様に感謝し、お祈りしましょう。



-行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お年玉を親戚にあげるときの相場は?何歳〜何歳までで範囲はどれくらい?

お年玉を親戚にあげる時に、『この時期の子供はどれくらいが相場なんだろう・・・?』と考えてしまう方は多いと思います。そして、何歳〜何歳まであげるべきで、親戚といっても範囲はどれくらいだろうとか。しかも「 …

十日えびすといえば西宮神社!えびす様の総本社で商売繁盛を願う!

1月10日は、七福神の一員でもある恵比寿様が商売繁盛の神徳を振りまく日です。 西日本各地の恵比寿様を祭神とする神社では、「十日えびす」という祭礼を行います。 今回は「十日えびす」と西宮神社についてのお …

バレンタインデーはなぜチョコ?女性から渡す理由は?なぜ2月14日?

2月14日はバレンタインデーですが、 なぜチョコを渡すのか考えたことはありませんか? もっと言うと、なぜ2月14日なのか?女性から渡す理由など、 だれしもが1度は考えたことがあるのではないでしょうか? …

七夕に願い事をするのはなぜ?読み方の由来と笹に短冊を飾る理由とは?

七夕は、7月7日に、願い事を書いた短冊と飾りを笹に吊るして、 星にお祈りする行事です。 この日、天気が良いと、夜空に天の川が見えます。 中国の古い伝説では、天の川の両岸に輝く「おり姫星(こと座のベガ) …

敬老の日と長寿祝いの「年祝い」をご紹介!敬老って何歳からなの?

日本では、昔から「年祝い」と言って、特定の年齢を祝う習わしがあります。 とくに、長寿を祝うものが多いですが、高齢化社会を迎える日本では、 これからいくつも長寿の祝い事を重ねることになりそうです。 今回 …