損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

美容・健康

コーヒーによる歯の黄ばみが与える印象は?着色を落とす方法は?

投稿日:


子供の頃は気にならなかったけど、
大人になると歯の黄ばみが加齢とともに気になり始めます。

子供の頃であれば毎日ほぼ決まった時間に食事をし、
歯を磨くことができるのですが、大人になり、仕事が忙しくなると、
コーヒーを飲む機会が増えたり、食事の時間がバラバラになったり、
歯も磨きたい時に磨けなかったりするものです。

一度付着してしまった黄ばみは落ちづらいですし、
見た目の第一印象を悪くする要因にもなるため、常に多くの人が悩んでいます。

では、歯の黄ばみの予防にはどのようなものがあるのでしょうか?
そして黄ばんだ歯を治す方法についてまとめてみました。
  



コーヒーによる歯の黄ばみの原因はステインの付着が原因

「ステイン」という聞き慣れない言葉があります。
「ステイン」を簡単に説明すると、食べ物に含まれている成分と、
唾液の中の成分とが結合した汚れのことです。

これは色の濃い食べ物や飲み物を摂取すると、特に黄ばみが付着しやすいです。
コーヒーはその代表ですね。よく、コーヒーを飲みながらたばこを吸う人がいますが、
それは最悪な組み合わせで、たばこのヤニは、粘着力があり、
歯に付着しやすく、落ちにくいので黄ばみを加速させます。

コーヒー以外にも歯の着色の要因はこんなのがあった!

コーヒーなどの食べ物などの外的要因以外にも歯を黄ばませる要因があります。
それは加齢による黄ばみです。こればかりは防ぎようがありません。

見た目の歯の色は、歯の表面のすぐ内側にある象牙質という黄色い色をしたものと、
表面を覆うエナメル質の関係性によって決まります。

歳をとるとだんだんと黄ばんで見えるのは、
歯の表面を覆っている半透明のエナメル質が加齢とともに薄くなっていき、
歯の内部の黄色い色をした象牙質の色が強調されていくのが原因です。

コーヒーによる歯の着色が与える印象はどんなもの?落とす方法は?





歯の黄ばみが気になり、普段からマスクばかりしている若い方が増えていますが、
不健康に見えますし、いつでもマスクをつけていられるわけではありません。

「第一印象が大切!」などとよく言われますが、
第一印象は「最初の10秒以内に決まってしまう」と言われています。

その印象は、あとから覆すことができないほど、
しつこく心にとどまって、その後の人間関係に大きく左右します。
ですから、歯の状態はその人の印象に大きく影響するでしょう。

よく、歯を黄ばませない方法として、「色の濃い食べ物は食べない」というものがありますが、あまり現実的ではありません。何事も続けられなければ意味がないからです。

一番いいのはお金をかけてでも、専門家にやってもらうと安心できます。確実ですからね。
『ホワイトニング』という方法がありますが、それも色々と種類があります。
それだけ自分に合った方法を選ぶ必要があるということでしょう。

そして、歯の黄ばみを減らすことが出来たら、今度はそれをより長く維持したいですよね。
白さを維持するためには、予防が大切で、コーヒーや色の強い食べ物などを食べた後は、
なるべく早めに歯磨きすることです。

でも、忙しくて出来ないときもあると思います。
そんな時はお水で口を軽くゆすぐだけでも効果があります。

まとめ

コーヒーによる歯の黄ばみをテーマに、
原因や与える印象、予防方法などについて紹介してきました。

たばこやコーヒーを飲む習慣がある人が、歯を白くし続けるためには、
歯を白くし続けるための習慣が必要です。
一度白くすれば永遠に白くなるわけではないからです。

何事も良い状態をキープするためには努力が必要なのです。
美しい白い歯でステキな笑顔をぜひ手に入れましょう。



-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

天然塩と工業製の食塩の違いとは?塩の製法でミネラルと健康に影響?

塩について解説していきます。 あなたは塩について考えたり、意識したりしたことはありますでしょうか? 人間にとって塩はとても大事です。 私達の汗、涙、鼻水ってしょっぱいですよね? 人間にとって塩はとても …

台風が近づくと頭痛がするのはなぜ?対策と予防方法をご紹介

天気が悪い時、とくに台風の時に頭痛がひどくなることはありませんか? これらの原因は気圧の変化によるものです。 なぜ、気圧が変化すると頭痛がするのでしょうか? 今回はそのメカニズムと、頭痛に対する対策と …

塩は健康に良いのか?その効果とおすすめの塩をご紹介!

最近テレビや周りの人から「もっと減塩しよう」と聞いたりしてませんか? そもそも塩は不要なものなのでしょうか? 一つの例として最近食品添加物を中心とした、 調味料が含まれる食べ物が増えていて、減塩がさけ …

顔の脂が多い原因は水分不足!皮脂を減らす対策で男性が注意すべき点とは?

あなたは、顔の脂が多いと感じた時、 洗顔したり、化粧水とか、クリームとか、 いろんなものを塗り込んだりして「ケアしないといけない」って思ってませんか? 残念ながら、その行動はその場しのぎで根本の原因の …

乾燥肌のかゆみ対策で背中の黒ずみの治し方と原因をご紹介

寒い時期の乾燥肌はとっても厄介な存在ですよね。 特に背中のかゆみは手が届かないところがあったり、同じ場所が痒くなったりで、 見えにくい場所であるがために掻きすぎて痛みが出てしまったり。 今回はかゆみの …