損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

美容・健康

寒いとトイレ近いのはなぜ?理由と対策を教えて!

投稿日:2019年7月23日 更新日:


寒くなるとトイレが近くなるから、
あまり水分を取らないという人は多いと思います。

そもそもなぜ、寒いときはトイレが近くなるのでしょうか?
改善する方法はあるのか?今回はそんなあなたの疑問にお答えしていきます。
  



寒いとトイレ近いのはなぜ?改善方法はあるの?

冬の寒い時期になると、夏の暑い時期に比べて、
トイレに行く回数が増える気がしませんか?
また、急に寒いところに出た時に、トイレに行きたくなったことはないでしょうか?

人間の体は半分以上が水分でできていて、
体には水分の量を常に同じくらいに保とうとする仕組みがあります。

食べたものや飲み物からたくさんの水をとったときは、
体の水がいつもより多くなります。すると、体は余った水を、

汗や尿でからだの外に捨てようとします。
暑いときは、余った水の多くは汗となって出ていきます。

でも、寒い時は汗をあまりかきません。
ですから、余った水のほとんどは、尿として捨てることにまります。
寒くなるとトイレの回数が増えるのはこのためです。

体の水分は、ある一定のナトリウム(塩分)濃度に保たれています。
夏の暑い時に水分を多く補給したときなどは、
体のナトリウム濃度が薄まるので、トイレに行きたくなることがあります。

せっかく補給した水分が尿として体外に出てしまいます。
夏の熱中症予防で塩を水分とあわせてとるのはこのためです。

寒いとトイレが近い理由はぼうこうが寒さでちぢむから!?

寒くなるとトイレにいきたくなるのには、もう一つ理由があります。




体の中で余った水のうち、尿になるものは、
「ぼうこう」に貯められます。ぼうこうが膨らむと、脳に、尿をする合図が送られ、
ぼうこうが縮んで尿をだします。

ぼうこうは寒くなっても尿をする合図を出すので、トイレが近くなるのです。
ぼうこうには、個人差はありますが、コップ一杯半くらいの尿が貯められます。

普段は、1回のトイレででる尿の量はコップ1杯分くらいです。

寒いとといれ近くなるがおしっこと汗は違うもの


汗が出ない代わりに尿の量が増えるなら、尿と汗は同じものなのでしょうか?

尿は、身体の中でいらなくなったものや、
余った塩や水を血の中から取り出したもので、腎臓で作られます。
汗は、全身の皮膚で、血から作られます。

また、汗は尿より薄く、含まれる成分も違います。
尿と汗は、似た成分でできていますが、作られるところも中身も違うものなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
夏の暑いときは、水分補給と同時に塩分をとることで、
体内のナトリウム濃度を一定に保つイメージが大切です。

でないと、せっかく補給した水分が体内の薄まった塩分の濃度を保つために、
尿として出そうとしてしまうということです。

逆に寒い時は、水分を補給するとトイレに行きたくなるからといって、
水分の補給を怠ることがないように気をつけてくださいね。



-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

尾骨が痛い原因は座る時の姿勢?出てる時はどうする?

尾てい骨の悩みというのは放っておくと、 一生モノになりかねない深刻な問題です。 あなたはこんな問題に悩まされていませんか? ・いつも座っている時に痛みを感じる ・常に突っ張った違和感を感じる ・ぼっこ …

鳥肌はなぜつぶつぶができる?毛が立つ理由と震えとの関係とは?

あなたは、鳥肌が立ったことはありますか?この「鳥肌が立つ」という表現はいろいろな場面で使われます。例えば、寒いとき、恐怖を感じた時、感動した時などです。では、なぜそのような時に鳥肌が立つのか?今回はそ …

まつ毛が抜ける原因と目に入る時の対処法とは?抜けやすい人っているの?

私は昔から、まつ毛がよく抜けて目に入ることが多いです。それによってまつ毛に付着したゴミが一緒に目に入り、目に負担がかかって様々な悪い症状に悩まされてきました。目が一重でまつ毛が上に反ることがなく、真っ …

夏の汗の臭い対策、おすすめインナーとグッツで暑さを乗り切ろう!

夏は汗をかきやすく、ベトベトして不快ですよね。 汗を多くかいて放っておくと匂いがキツくなります。 シャワーを浴びることができない職場や出先などでは、匂いを放ってはおけません。 今回は汗の匂い対策として …

爪はあなたの健康の鏡!ツヤは睡眠と関係?時にはツメを見ツメよう!

免疫力が低下して風邪を引く、不眠に悩まされる、胃腸の調子が悪くなるなど、体の不調を示す症状はたくさんあります。体が弱っているサインは表面に見える形で現れます。例えば、肌、爪などでも判断できるのです。 …