損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

食べ物

バナナの保存の方法で長持ちさせるコツは?冷蔵庫が良くないって本当?

投稿日:


バナナは青から黄色、黄色から黒へと、色の変化で視覚的に鮮度の状態がわかるので、食べる時期の参考になります。色の変化を遅らせることができれば長持ちしますし、色の変化が早ければ悪くなるまでの期間が短くなります。

では、長持ちさせるにはどうすればいいのでしょうか?情報が様々でどれが一番いいのか迷ったりしませんか?バナナ自体の正しい知識が身につけば、おのずと正しい保存方法が見えてきます。ここではバナナの正しい保存の方法をご紹介していきいます。
  



バナナの正しい保存の方法をご紹介

結論からいうと、ご自宅でバナナを保存する正しい方法は「常温の風通りの良いところで直射日光の当たらない場所で吊るす」になります。

ご自宅では吊るす環境ってなかなか難しいですよね?というか、そんなところ他人に見られたくないですよね?どうしても吊るすのが難しいようでしたら、置いて保存しましょう。

なんで吊るすかですが、置いて保存する場合、バナナの重さで接地面がストレスとなり鮮度の悪化の原因になるからです。ですので置いて保存する場合はRの部分(反っている面)を上に向けて、なるべく接地する表面積を減らすことが重要になります。

続いてなぜ常温での保存なのかですが、広くて風通しの良い環境ってご自宅の場合、台所とかになると思います。バナナの適正保存温度は13℃です。冷蔵庫はもっと低い温度ですので適さないわけです。

よく耳にするのは、15℃で保存しましょうといわれますが、その温度はバナナ業界では高めの温度で、追熟を促すための高めの温度ですのでやめましょう。悪くなるまでが早くなります。

ただ、まだ硬く、青臭さを感じるほどバナナが若い場合、高めの温度で保管することで追熟を促そうとする場合であれば、問題ないでしょう。

続いて、風通しの良い場所の理由ですが、空気がこもらない環境が必要だからです。バナナは自らエチレンガスを出します。密閉された空気の入れ替えがない環境ですと、そのガスで追熟を促してしまい、悪くなるまでが早くなります。ですのでラップで包むのとかはやめましょう。しかし、温度の場合と同様、早く食べ頃にしたい場合、密閉する方法は効果的です。

バナナの保存方法で長持ちさせるコツとは?

バナナを長持ちさせるコツは先ほどご紹介した「常温の風通りの良いところで直射日光の当たらない場所で吊るす」になるのですが、買ったバナナの状態が悪ければ元も子もありません。




よって、スーパーで購入する際に良いものを選ぶ必要があります。選び方の基準ですが、いつ、何人で食べるかを考える必要があります。

バナナにはカラーチャートというものがあります。すぐ食べたければカラー6番、後で食べる場合はなるべくカラー4番ぐらいのものを選びましょう。

それと触った時の感覚も大切です。バナナが若ければ硬めで、どんどん柔らかくなっていくものですので、状態を確認するようにしましょう。

バナナの保存で冷蔵庫がよくないって本当

先ほどもご紹介しましたが、バナナの適正保管温度は13℃ですので、冷蔵庫は保管には適さないです。冷蔵庫の冷蔵室は3℃〜6℃ぐらいですのでバナナにとっては低過ぎます。バナナに障害が起こって皮の色がくすみ、(バナナ業界では風邪をひくと言います)味が変わります。

冷えた食味を楽しみたい場合は、食べる前に冷蔵庫で冷やしましょう。バナナには様々な産地のものがありますが、基本的には全て同じ方法で問題ありません。

ところで、バナナムロってご存知ですか?バナナの色をつけるところです。そのムロってバナナの保管に最適な場所なのです。保存についてとても参考になるので少しご紹介します。

国内のバナナはほぼ全て輸入品です。一番輸入量が多いのがフィリピン、そしてエクアドル、台湾、ペルー、タイなどのバナナが有名ですが、どれも輸入段階では青い状態です。

黄色のバナナは輸入禁止です。害虫が付いている可能性が高いからです。空気を抜いたピニールに入れた状態で輸入され、黄色いものは廃棄されます。

で、意外かもしれませんが、青いバナナっていつ黄色くなるか分からないのです。バナナの房にはそれぞれ個体差がありますので、新鮮で元気であれば青色の期間が長くなりますし、状態が悪ければ色の進みが早く、黄色くなるまでの期間が短いです。

スーパーには青色のバナナは置けませんので、それでは都合がよろしくありません。その問題を解決するのがバナナムロです。納品してスーパーに並ぶ時に、綺麗に色が揃うように色を調整する役割があります。そして、バナナにとって最適な環境で保管できるムロのおかげで食味が良くおいしく仕上がるのです。

さいごに

バナナは非常に栄養があり、健康を助けてくれる優れものです。できれば毎日食べたいですね。日本の果物の中で一番の消費量があります。そんな身近にあるものだからこそ正しい知識を身につけて美味しく食べていきましょう。



-食べ物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

わかめのだしが海で出ない理由とは?干すと栄養が増える干して美味しい食べ物

あなたは海でわかめを見た時、このように思ったことはありませんか? 海水の味ってわかめのダシ?あるいは、わかめのダシは無くならないの? 実は、これにはカラクリがあります。それは干すことと関係してくるので …

バナナには種がない!緑色でないと輸入できないって本当?

あなたは日本で一番食べられている果物をご存知ですか? そう、圧倒的にバナナが多く消費されています。年間で一世帯あたり、18kg以上です。 一番人気のあるバナナですが、実は緑色(青色ともいう)で硬いバナ …

1月が旬の魚と野菜は?美味くて人気のある料理の逸話をご紹介!

1月が旬の魚と野菜はなにかご存じですか? 日本では四季があり、独特の気候により季節ごとの旬ものの野菜があります。 旬の野菜は通常のものよりも、エネルギーに満ち栄養価が最も高く、 新鮮で食べごたえ十分で …