損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

季節

夕焼け小焼けの意味は?見え方が赤いのはなぜ?

投稿日:


「夕焼小焼で 日が暮れて〜」「山のお寺の 鐘が鳴る〜」
「夕焼け小焼け」の歌は誰もが歌ったことのある、日本を代表する曲ですよね。

ところで、あなたは「小焼け」ってどんな意味かご存知ですか?
さらに、夕日がいつも赤く見える不思議について考えたことはありますか?

今回はそんな夕焼けについて詳しくご紹介していきます。
  



夕焼け小焼けの意味は?秋が一番きれいに見えるのはなぜ?

「夕焼け小焼け」の「小焼け」の意味ですが、これは「夕焼け」と語調をそろえるためのものです。つまり「夕焼け」のことです。言葉を口に出すときの調子ということです。

同じ語調を合わせたものとして、「根堀り葉掘り」「根から葉から」などがあります。

続いて秋の夕日が一番きれいに見える理由についてですが、
夕焼けがきれいい見えるための条件があり、それが、

・湿度が高く、赤い波長の光を散乱させる水蒸気が大気に多く含まれている
・快晴でなく、適量の雲があるが夕日のある西側には雲がない
・正午から夕方にかけての気温差が大きい
・風が強く、煙、ほこり、塵などが飛ばされて、もやが掛かっていない状態

この条件を満たすのが秋に多いのです。

夕焼けが赤いのはなぜ?

夕方、太陽がしずむにつれて、西の空がだんだんと赤くなっていきます。
これが夕焼けです。空気が澄んでいる秋の夕焼けは、とくにきれいに見えるといわれています。




どうして昼の空は青いのに、夕方になると、空が赤くなるのでしょう?
それは、太陽に光が届くまでに、長く空気の中を通るからです。

地球は空気に覆われていて、太陽の光は空気を通り抜けて地上に届きます。
昼間の太陽の光は、ほとんど真っ直ぐやってくるので、すぐに空気を通り抜けます。

夕方になると、太陽の光は空気を斜めに横切るので、長い距離を空気の中を通ります。空気中には、目に見えないほど小さなちりや水のつぶがたくさんあります。太陽の光は、このつぶに当たると散らばってしまいます。

太陽の光には色々な色の光が混じっているのですが、散らばりやすさは色によって違います。
昼の空が青いのは、空気中の散らばりやすい青い光が、空いっぱいに散らばっているため。

夕方になり、太陽の光が空気中を通る距離が長くなると、青などの光は空気中のつぶに邪魔されて、私達まで届かなくなります。

そして、空気中のつぶに邪魔されにくく、空気を通り抜けやすい赤い光が、私達に届きます。だから、夕焼けは赤く見えるのです。

夕方と同じように、太陽の光が斜めに空気を通る朝も、空が赤くなることがあります。
これを朝焼けといいます。朝、太陽がのぼる前に起きた時は、東の空を見てみましょう。

さいごに

昔から、夕焼けが見えると、次の日は晴れるといわれています。
日本の天気は、西の方から変わります。きれいな夕焼けが見える時は、西の空が晴れているときです。だから、次の日、晴れることが多くなるのです。



-季節
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

静電気の除去対策をご紹介!服での方法とグッズで軽減するテクニックとは?

あなたはなぜ、静電気が起きるのか、ご存知ですか? 私達の身の回りの全ての物はプラスとマイナスの電気を帯びています。 すべての動物は勿論のこと、ドアノブや車やバイク、洋服も例外ではありません。 プラスと …

いちごの旬はいつ?つぶつぶの意外な正体とは?栄養成分は何?

いちごは野菜だということはご存知だと思います。 え?果物だと思ってました?じゃあ、もしかして、いちごのつぶつぶは種だと思ってます? そう思っていたあなた!是非、続きを読んでいちごの理解を深めて下さい。 …

2月の旬の魚と野菜と果物はなに?金柑が風邪予防に効くって本当?

2月の旬の食べ物といったら何でしょうか? 日本には四季があります。その時期ならではの気候によって旬の魚や果物、 そして果物がエネルギーに溢れ、美味しく頂けます。旬は新鮮で食べごたえがあります。 今回は …

蛍はどうして光るの?種類はどれくらいあって見頃な場所と時間帯は?

夏の夜、飛び交う蛍のほのかな光・・・これぞ夏の風物詩! でも実際に蛍を見たことが無いという人も多いかも知れません。 ここ数十年で蛍が住みやすい環境は失われ、 都会ではほとんど見ることができなくなってし …

野菜と果物の違いってなに?8月のある果物の逸話と野菜をご紹介!

8月。ジリジリと輝つける日差しにセミの合唱! 夏真っ盛りですね。大人はついつい日陰を探しながら歩いてしまいますが、 子供は太陽の下で大はしゃぎですね。 私も子供の頃は1年で一番8月が好きでした。 とこ …