損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

スキル

仕事のやる気が起きない時の対処法はデスク回りを整理整頓!

投稿日:


あなたは仕事のやる気が起きない時ってありますか?たまにそんな日もありますよね?
あなたが、もしたまにではなく毎日やる気が起きない場合、早急に対応しなければいけません。しかし、やる気が起きないのは対処の仕方が分からないからでもあります。
今回は、そんなあなたのために、すぐに行動に移せるようになるためのコツをご紹介していきます。
  



仕事のやる気が起きない時の効果的な対処法とは?

行動力のない人の共通点、それはズバリ言って環境に問題があります。
つまり、作業するスペースにモノが多すぎるのです。よくこう言われます。
「環境はその人の頭の中がそのまま写し出される」と。

仕事がはかどらない時は、机回りを整理してみてください。整理整頓をウォーミングアップに、本来の仕事に取り掛かりやすくなります。モノは、絞り込んで、必要最小限の「いつも使うモノ」だけを手元に置きましょう。不必要なモノを周囲から取り除くことにより、探すという無駄な時間がなくなり、結果的に作業のスピードを高めてくれます。

あなたの回りはいらないモノで溢れ返っています。1年に1度しか使わないモノは即捨てましょう。必要になればまた買えばいいのです。場所だけでなく「時間のスペース」も限られているのですから。

無駄なモノで周囲が埋め尽くされていると、時間のスペースもそんな無駄な行動で費やされる運命にあるのです。無駄なモノは捨てる→無駄な行動が減る→不必要な習慣がなくなります。

そうすれば時間のスペースがどんどん生まれます。結果、本来やるべき仕事を実行することができるようになります。空間的、時間的に不要なモノを捨て去ることによって、シンプルにする。それだけで驚くほどあなたの行動力が高まるのです。

感情で行動が決まるのではなく、行動で感情を作り出す

あなたは「感情が行動を支配する」と思いますか?実はそうではありません。正しくは、「行動が感情を支配する」のです。重要なのは、まず「取り掛かる」ことです。




でも、いきなり仕事に取り掛かるのは、誰にとっても辛いことですよね。頭では分かっていても、身体が動かないのも事実です。そんなあなたにおすすめなのが、次の行動です。

1,まずは取り掛かる
2,一定の時間を設定し、その時間内には他の仕事をしない
3,少しずつ、仕事の時間を延ばしてく

どんなにイヤな仕事でも続けているうちに、集中力が湧いてきます。何らかの行動を起こすことで、やる気ホルモンが分泌されます。

あなたもこんな経験はありませんか?なんとなく部屋の一部を整理しているうちに、いつの間にか部屋全体をひととおり整理してしまった・・・。知らぬ間に勢いに乗って、めんどくさいと思っていたのに片付いてしまった!

この状態にもっていくには、とにかく取り掛かり、作業を一定時間続けることが大事です。でも、どうしても作業が続けられない場合は、その間、ほかの作業をしない時間を徐々に延ばしていきましょう。

コツは、「考える系の仕事」は思考するのにたびたび手が止まってしまうので、単純で簡単な仕事から始めることです。

まとめ

あなたは、デスクで年間どれだけの時間を過ごしますか?デスクはあなたのベッド以上に大切な所。そこではパソコンや文房具類はすべて手の届く所にあり、必要な資料や書類もほんの数秒で取り出せるようにするべきです。ぜひ、不必要なモノをあなたの周囲から取り除いてください。



-スキル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

勉強の集中力が続かない時に上げる方法と維持の仕方をご紹介

あなたは勉強する時に集中力を高め、それを維持できていますか? 例えば家で勉強するといっても、時間というのは限られていますよね。 多くの内容を短時間に効率良く行うことができる人もいれば、 なかなか思うよ …