損をしない行動原則

このサイトでは、仕事や私生活で損をしてしまわないように、行動原則について書いています。

未分類

海での虫刺されにご注意!ヌカカとブヨに刺された後の恐怖の赤い跡!

投稿日:


釣りが好きな方、これから始めようとしている方、あなたは堤防派ですか?それとも磯まで行く派ですか?もしいずれか、あるいは両方へ釣りに行くのであれば、しっかりと対策をする必要があります。

なぜならば、そこにはあの吸血昆虫ヌカカ、ブヨが住み家としているからなんです。
ブヨは聞いたことがあるかもですが、ヌカカってあまり知られていません。

私も釣りを始めて刺されるまでは知りませんでした。
刺されると大変なことになります。後悔と傷のシミ跡が残ります。
ですのでしっかりと対策をする必要があります。

今回はそのヌカカとブヨとは一体何なのか?
対策はどうすればいいのかをご紹介していきます。
  



海での虫刺されを防ぐ為には

アウトドアの虫刺されのイメージは、草が生い茂った環境をイメージするキャンプやゴルフなどが定番ですが、海でも刺されることがあることは以外に知られていません。

それを知らない初心者の釣り人なんかはよく被害にあわれるようです。
まだ被害にあわれていない方はこのページにめぐり逢えてラッキーです。

すでに被害にあわれて、お調べになっている方はこのページを参考にしていただき、
次回は万全の対策を施した後、釣りを楽しんでください。

さっそく対策ですが、暑いからといって短パン、半袖などは厳禁です。
なぜならば、虫よけを塗っても完全に防ぐことはできないからです。

ズボンを履いても、靴下とズボンの間のくるぶしを刺してくるほど大量に湧いてきます。
しっかりと肌を露出しない対策が必要になります。そしてハッカ油を塗るのがよいです。

天然成分で無害かつ持続性に優れたものを選びましょう。
夏場で暑い時にでも爽快感を発揮してくれます。是非、使用してみてください。

海での虫刺されの要注意ヌカカとは

あなたはヌカカってご存知ですか?海の近くだとよく磯に住みついて、釣り人を襲います。
ヌカカについては私自身、かなり痛い思いをさせられたので、私の体験談をご紹介致します。

それは夏のときでした。釣り経験は長いのですが、冬の寒い時期をメインに活動していたので、メンバー全員、始めての夏の磯釣りだったのです。釣座につき、釣り始めて間もなく、足のスネあたりが異様にチクチク痒く感じました。




足をみても何もいません。特に気にせず釣りを続けているとかゆみが増してきたので、釣りをストップして足をまじまじ見たところ、砂のような黒いつぶつぶがいっぱい付いているではないですか。払い除けた時にそれが虫だったと気づきました。

それほど小さい虫だったのです。急いで用意していた蚊対策の蚊取り線香を自分を中心に3箇所トライアングル状に炊いて、虫よけスプレーをかけて備えました。しかし釣りを再開してしばらくすると、また痒いのです。どうやらあまり効果がなかったようです。

日差しが強くなる正午あたりにはすっかり消えてしまい、その後は問題なく、夕方の迎えの船が来るまでの間、釣りを楽しむことができました。

宿で一晩明かし、朝起きて自分の足を見ると、赤くはなっていないが、ぼこぼこ膨らんでいました。痒みがないので、特にきにせず、帰路につきました。

だいたい刺されて一日たったくらいから、赤みを帯びてきて、痒みが出できたのです。赤みが出てきて刺されているのが、139箇所もあることに愕然としました。

そうこうしている内に痒みがましてきたので、掻いてしまったのです。そしたらそれが起爆剤になって強烈に腫れあがり、痒みが他に飛び火して大爆発し、その後は生き地獄でした。

あれから1年以上になりすが、シミになった後が数か所未だに残っています。お医者さんいわく、うまく後がきえるのであれば2年ぐらいかな、とおっしゃっていました。。。苦笑

海 虫刺され ブヨし


ヌカカと同様に、吸血昆虫としてブヨというのもいます。
ブヨに関してはご存じの方も多いのではないでしょうか?

雪が降った時以外一年中を通して活動しますが、特に暑い時期に活発に活動します。
蚊と同じぐらいの時期と考えて頂ければいいと思います。

夏場は比較的気温の低い、朝や夕方などに活発に活動し、昼間の暑い時間帯はあまり活動しないようです。ただし、湿気が強いアメなどが降ると時間に関係なく活動しますので、注意が必要です。キレイな水がある所に多く生息し、街中などにはほとんど生息していません。
以上がブヨについてです。ヌカカと同様、刺されると酷い思いをしますので、注意が必要です。

まとめ

基本、ヌカカやブヨが生息し易い場所に近づかないのが一番ですが、
どうしてもそうは行かない時があると思います。

そんな時は、まず、肌の露出をなるべく避けること、
ハッカ油など効果が高いものを常備するなどして対策する必要があります。

そしてもし刺されてしまったら、掻いてしまうと、痒さが増大して、
腫れがいっこうに引かなくなり、シミの跡が長い間消えなくなってしまいます。

虫に刺された患部から、毒液を吸い出す器具がありますので、それを利用するのも効果があります。ただ、我慢はせずになるべく早く医者にかかることをおすすめ致します。



-未分類
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴキブリ見たくない!対策と発生原因は?最強の駆除製品は市販の○○だった!

ゴキブリなんて見たくないですよね? もうすでに家に侵入して住み着いているゴキブリの駆除の方法に悩まれていませんか? いわゆる歯医者でいう「治療は駆除」と「予防は侵入を防ぐ」にあたるわけですが、 今回は …

夏休みの宿題がいつも終わらない、ギリギリでも早く終わらせる方法とは?

「夏休みの宿題が終わらない・・・。なんでいつもこうなるんだろう」 その一番の原因って何だと思いますか?それは何かというと、 「ダラダラとした生活」です。夏休みの長い休みが、「まだいっぱい休みがあるから …

いじめ対策で法律での対処は難しい?学校側の教師がやるべきコトとは?

最近いじめ自殺事件が深刻化しています。 そもそもいじめはなぜ起こるのでしょうか? 私も当時、小さい娘がおりまして、いじめの経験があり家族で悩みました。 もう昔の話ですが、今の世の中、改善するどころか、 …

2月が短い理由とは?うるう年がない年があるって本当?

2月が28日なのはなぜ?あなたはこのように考えたことはありませんか? ほかの月は30日か31日なのに、どうして2月だけ短いのでしょう? 実は2月は「ずれ」をなおすために必要な、重要な月でもあるんです。 …

付き合ってないけどデートで奢るべき?奢ってもらう時はすっぱりさわやかに!

あなたは付き合ってないけどデートで奢るべきか、割り勘にすべきかお悩みでないですか? また、お金があまりない時にかぎって、デートの予定が入ったりだとか。 今回はそんなシチュエーションの時の対処法をご紹介 …